UAEの旅行・観光産業、国内総生産の8.5%を占める


ドバイ:有力な観光産業機関によると、UEAの旅行・観光産業分野全体の収益は前年比4.5%アップの34,000万円で、今年のGDPに占める割合は8.5%にまで伸びるだろうと言う。

 

この数値上昇は、UAEでの旅行・観光産業分野の成長が直接的に反映する国内のホテル、旅行代理店、航空会社、レストラン、そしてレジャー企業が著しく発展したことによるものである。

 

産業全体の数値上昇は、投資、財政支出、そして国内での財貨購入など広範囲にわたる産業からの反響があった。

 

この数値は、世界旅行・観光業協議会(WTTC)が行ったUAEの旅行・観光産業が与える経済的影響に関する最新の研究で発表された。同協議会によると、旅行・観光産業の今年の収益は16,000万円でGDPに占める割合は前年比4.7%アップするという。去年の数値を見てみると、UAEの関係事業も含めた旅行・観光産業全体の収益が15,700万円でGDP4%を占めていた。

 

将来的に旅行・観光産業は、GDPに占める割合4%を維持しつつ、産業収益を毎年3.1%ずつ上昇させ2024年までに22,000万円に達するとされている。旅行・観光産業分野全体としては、2024年までに3.2%ずつ成長し46,600万円になり、GDPに占める割合が8.5%に達すると予測されている。

 

今回の数値上昇が見られたのは、ドバイでの2020年世界万博開催に向けて企業や政府がホテルや万博会場となるドバイワールドセンターへの投資をますます増やした結果である。アブダビ政府もまた、サディヤット島(Saadiyat Island)におけるグッケンハイム美術館やルーバー美術館の建設などを含め、自国の観光産業を強化するための投資を始めた。

2013年、旅行・観光産業は5,800億円の資産投資を集め、2014年には9.7%の成長を見込めると予測されている。2013年旅行・観光に直接関係する雇用は291,500件で、全雇用数の5.3%を占めた。そして、2014年には5.7%アップの308,000件に増加すると見られている。2013年ホテルや航空、レストランなどの関連事業を含めた旅行・観光産業全体の全雇用数は496,500件で、全雇用数の9.1%を占める。そして今年は5.3%アップの523,000件に増加するとみられている。

 

2024年までにUAEへの国外からの旅行客は3,990万人に達し、約3兆円の消費を生み出すだろうと予測されている。

http://gulfnews.com/business/tourism/travel-tourism-to-contribute-8-5-per-cent-of-uae-gdp-1.1305826

Travel & Tourism to contribute 8.5 per cent of UAE GDP

 

Published: 18:35 March 18, 2014

Dubai: Total contribution of the travel & tourism sector to the UAE’s gross domestic product (GDP) will reach 8.5 per cent this year with a 4.5 per cent year-on-year rise to Dh122.6 billion, according to a leading tourism industry body.

The increase, is driven by growth in the UAE’s hotels, travel agents, airlines, restaurants as well as leisure industries directly supported by the travel and tourism sector.

Total contribution figures are the wider impacts of the industry including investment, government spending and the domestic purchase of goods.

Growth figures were released in the World Travel & Tourism Council (WTTC) latest economic impact study of the UAE’s tourism & travel industry.

Direct contribution to GDP of the travel & tourism industry is set to climb by 4.7 per cent to Dh59.1 billion this year, according to the WTTC. In 2013, the UAE’s travel & tourism sector delivered Dh56.5 billion or four per cent of the countries GDP.

Looking ahead the direct contribution is set to increase by 3.1 per cent a year to Dh80.1 billion by 2024, maintaining a four per cent of GDP figure. Total contribution is expected to grow by 3.2 per cent to Dh167.4 billion by 2024, 8.5 per cent of GDP.

The increase comes as Dubai heads towards Expo 2020 with increasing investments being made by the private and public sector into hotels and the Expo 2020 site in Dubai World Central. Abu Dhabi is also investing in building its tourism profile, which includes the construction of the Louvre and the Guggenheim on Saadiyat Island.

In 2013, the industry is expected to have attracted Dh21billion of capital investment and is forecasted to rise by 9.7 per cent in 2014. Travel & tourism directly generated 291,500 jobs in 2013, 5.3 per cent of total employment, and is expected to grow by 5.7 per cent to 308,000 in 2014. The total employment contribution in 2013 was 496,500 jobs, 9.1 per cent of total employment, in 2013. This is forecasted to growth by 5.3 per cent to 523,000 jobs this year.

By 2024 international tourist arrivals are forecast to reach 39.9 million and to generate a expenditure of Dh105.4 billion.

Gulf News3/18より引用

コメントを残す