UAEは世界でもっとも優れた政府を持つ国

スイスの研究機関であるIMD国際経営開発研究所の評価によると、UAEは世界でもっとも国債残高の少ない、もっとも有能な取締役会、もっとも質の高い空港を持つ国だという。

国際機関による権威ある調査の結果、UAEは世界で最も優れた政府であり、もっとも優れた政策決定過程を持ち行政手続がもっともスムーズに進む国に、ドバイは、世界の主要都市の中で一番低税率で、建設活動がもっとも活発で、そして空港アクセスがもっとも良い都市に選ばれた。

スイスの研究機関であるIMD(国際経営開発研究所)もまた、UAEを世界でもっとも国債残高の少ない、企業の意思決定が最も効率的に行われており、空港のクオリティーが最も高いと評価した。

ドバイ首長国の首長でありアラブ首長国連邦の副大統領と首相を兼任するムハマンド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム副大統領は、政府の職員に宛てたメッセージの中で、IMDにより発表された国際競争力レポート2014での評価に対する喜びの意を伝えた。

アル・マクトゥーム副大統領は「”世界でもっとも優れた政府”という評価を得られたのは全政府関係者が献身の意を持ち努力してきた結果である。我々が目指してきた公共サービスの改革は実現された。今回の評価がその証拠である。我々は、小さな国であってもすばらしいアイディアがあればどんなことでも成し遂げられるということを証明したのである。」と述べた。

アル・マクトゥーム副大統領はまた、政府職員に対し、現状に満足せずに今後も引き続き行政サービスの品質向上に務めるよう強調した。

アル・マクトゥーム副大統領は「忘れてはいけない。競争力とはゴールのないレースなのだということを。改善の努力をとめてはならない。たとえナンバーワンになったとしても、更なる改良を目指していかなければならない。競争力を得ることは最もすばらしいことだ。政府は国民に幸せと繁栄をもたらすのである。」とも述べた。

世界最大級の監査・税務・アドバイザリーファームであるPwC(プライスウォーターハウスクーパース)の年次レポートCities of Opportunity – 世界の都市力比較」で、このレポートに掲載される中東の唯一の都市として、ドバイは、世界の経済と文化の中心となる30の都市のうち総合評価で16位となった。

その国の生活費、購買力、企業税制から判断される「世界でもっとも住みやすい都市」ランキングで、ドバイは、サンフランシスコ、ロサンジェルス、ヨハネスブルグ、トロントについで5位に選ばれた。

ドバイは更に、ビジネス中心地から空港へのアクセスの良さについてのランキングでは世界第1位となり、そのことが「世界のゲートウェイ都市ランキング」におけるドバイの存在を強調し同ランキングでロサンジェルスを差し置いて7位にランキングされた。

IMDの国際競争力レポートは、ある国の競争力についての世界的な基準点である。世界60カ国を調査し、各国が国民のために国の資源をいかにうまく活用しているかを分析している。

2014年の国際競争力ランキングでUAEは、9位のデンマーク、10位のノルウェーを差し置いて8位にランングされた。昨年も同じく8位になっている。

IMDの国際競争力レポートは、分析指標とアンケートデータに基づいた330以上の指数からなる。

UAEは、貿易収支の健全さ、財政余剰、事業のしやすさ、労働人口の増加という4つの指数で世界第2位になっている。

アラブ世界で2番目に大きな国であるドバイは、現在の国家資産残高、政府の透過性、株式市場の指数で世界第3位になっている。

このレポート作成にかかわったすべての国際ビジネス専門家・経営者達がUAEの魅力は経済の多様性、ビジネスフレンドリーな環境、優秀な行政機構、しっかりとしたインフラ、そして税制面での優位性にあるとした。

http://www.khaleejtimes.com/kt-article-display-1.asp?xfile=data/government/2014/May/government_May53.xml&section=government

UAE has most efficient government in the world

 


Issac John (issacjohn@khaleejtimes.com) / 22 May 2014

The Swiss-based International Institute for Management Development (IMD) also ranks the UAE as number one globally for low government debt, effective corporate boards, and quality of air transport.

The UAE has the most efficient government, the strongest decision-making process and the lightest bureaucracy in the world, while Dubai topped all global cities for its lowest tax rate, bustling construction activity and swift airport access, two prestigious surveys by international institutions revealed on Wednesday.

The Swiss-based International Institute for Management Development (IMD) also ranks the UAE as number one globally for low government debt, effective corporate boards, and quality of air transport.

His Highness Shaikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum, Vice-President and Prime Minister of the UAE and Ruler of Dubai, in a personal message to government employees, welcomed the findings of “The World Competitiveness Yearbook 2014” released on Wednesday.

The title of ‘most efficient government in the world’ was earned by the commitment and dedication of every member of the UAE government team. We are truly transforming public service in the UAE, and here is the proof. We have shown what can be achieved on the world stage by a small nation with big ideas,” Shaikh Mohammed said.

The Vice-President also urged government employees to sustain their ongoing drive to improve the quality of government service, cautioning against complacency.

Let us never forget: competitiveness is a race with no finish line. We must never stop improving: even as Number One, we have a duty to do better tomorrow, and every day. Because this is also a race with the richest of prizes: a government that delivers happiness and prosperity to all of the people of the UAE,” Shaikh Mohammed said.

Dubai, as the only Middle Eastern city in PwC’s “Cities of Opportunity” report, has been positioned 16th overall in the latest study that takes the pulse of 30 cities at the heart of the world’s economy and culture.

Dubai topped fifth in global affordability, that measures cost of living, purchasing power and corporate tax rates, behind only San Francisco, Los Angeles, Johannesburg and Toronto, PwC said in a statement.

Dubai was also ranked seventh as an urban gateway, replacing Los Angeles in the Top 10, bolstered by the efficiency of its airport connections to central business districts for which it ranked first globally.

The IMD report is a worldwide reference point for the competitiveness of nations. It covers 60 countries and analyses how well each economy manages its resources in order to generate prosperity for people.

On the headline measure of global competitiveness, the UAE ranked eigth in the world for 2014, above Denmark (ninth) and Norway (10th). The UAE also ranked eigth in the previous year.

The IMD report is based on more than 330 sub-indices based on statistical indicators and questionnaire data.

The UAE is number two in the world on four sub-indices: strong trade balance, budget surplus, ease of doing business, and labour force growth.

The country, the Arab world’s second largest economy, ranked number three in the world on measures of the current account balance, transparency, and stock markets.

The survey participants, all international business executives, attributed the UAE’s attractiveness to economic dynamism, a business-friendly environment, competent government, reliable infrastructure and a competitive tax regime.

Khaleej Times 5/22より引用

コメントを残す