UAEの真の豊かさを支えるのは石油ではなく国を愛する国民である。

278009208

2017年に国内発の原子力発電所の稼働がスタートされればUAE国内エネルギーの25%がクリーン原子力エネルギーにより供給されるようになる。アブダビ皇太子、UAE陸軍副総司令官であるShaikh Mohammad Bin Zayed Al Nahyan将軍のガバメントサミット本会議での発言である。

UAE副大統領と首相を兼任するシェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アルマクトゥーム首長(ドバイ)の後援の下、29日から11日にかけて開催された第三回ガバメントサミットには、世界各国から国家首脳陣、高官、科学技術専門家、教育理論専門家が参加した。

多角化

「今から50年後には石油採掘は底を着くだろう。UAE政府が今後も安定した経済を構築していくために代替燃料に目をむけたのはまさにそのためである。」とShaikh Mohammad将軍は述べる。

「今日、カリーファ大統領のリーダーシップの下、我国の経済は安定し繁栄している。カリーファ大統領は教育、健康、技術革新、経済の多角化、そして安全保障に意識を向けるよう指示している」

Saikh Mohammad将軍はUAEが教育部門に力を入れ始めるのがやや遅れたことを認めながらも「遅れを認識しながら取り組むことに意味がある」と語った。

「現在我々はエネルギー資源と富を手に入れているので、次は教育に力を注ぐべき時である。今この時期に教育部門への適切な投資を行えば50年後我国の石油燃料が底を着いたとしても苦しむことは無い。」

Shaikh Mohammad将軍は教育部門を発展させていく過程には多くの難問が立ちはだかることは確実で、それらを乗り越えていくためには明確なビジョンが必要であると述べた。今後20年間の教育部門の発展の行方を現段階で明確にしておく必要がある。

政府系ファンド

「カリーファ大統領のリーダーシップのもと1970年代に設立されたアブダビ投資庁(ADIA)は今日世界で2番目に大きな政府系投資ファンドである。そして我々はクリーン原子力燃料を作り出す原子力発電所の設立にも乗り出した。2017年に初の原子力発電所が設立されればUAE国内エネルギーの約25%がこのクリーン原子力燃料でまかなわれることになるだろう。」とShaikh Mohammad将軍は語る。

また同将軍は、Ahmad Khalifa Al Suaidi氏とMohammad Habroush氏に感謝の意を表明した。

Shaikh Mohammad将軍によれば、UAEは更に自国の製造業の発展にも乗り出しているという。同将軍は「アブダビのStara Manufacturing社はボーイング社とエアバス社に航空機の部品を提供している。更に驚くべきことには製造業の労働人口の83%が女性であるということである。」と語る。

女性の役割

UAEにおける女性の役割は非常に重要である。女性は優れた技術を持っており国内人口の半分を占めるのである。」

Shaikh Mohammad将軍はまた世界最大の空港のひとつであるドバイインターナショナル空港の建設におけるシェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アルマクトゥーム首長の貢献を称えた。この空港の利用者は7,000万人に達した。

「今挙げた例は全てUAE経済が多様化していることを表している。我々にとって誇るべきことである。」とShaikh Mohammad将軍は語る。

そして同将軍は現在石油価格が低迷している事実を認めながらも、2008年のドバイショック当時の石油価格は今の低迷よりももっとひどいものだったが「我々は前進を続けてきた」と述べた。

中東地域が直面している問題についてShaikh Mohammad将軍は「地域内で様々な問題が発生しており、我々は多くの地域的問題に直面している。UAE設立以来我々は、世界を驚かすようなすばらしいことを実行するというメッセージを世界に向けて発信し続けてきた。」と語った。

UAEは、政府としての取り組みのみならず国民全体としての取り組みとしての人道的支援活動を通じ、そのメッセージを実現させるよう努めてきたとShaikh Mohammad将軍は語る。

同将軍はUAE初代大統領のザーイド・ビン=スルターン・アール=ナヒヤーン大統領(当時)とジャーナリストとのエピソードを語った。「1970年代、ザーイド大統領に対し国民を甘やかしているのではないかという質問を投げかけたジャーナリストがいた。その質問に対しザーイド元大統領は『あなたにはお子さんはいますか?あなたはその子供達にお金を費やしていませんか?甘やかすと言うことと義務を果すと言うことは全く異なることです。子供を欠乏させる親はいない。』と答えた。そのジャーナリストはザーイド元大統領の子供達、つまりUAE国民が将来国にとってどれだけの恩返しをすることになるかを理解していなかったのである。」

また、同将軍は例を挙げ「1990年代の湾岸戦争時、政府が国民に軍への自発的な参加を呼びかけたところ、我々の予測した45万人を大きく上回る8万人の志願者が集まった。また政府は国内の商業従事者に対し4000台の車両の提供を呼びかけたのだが、そのうちの一人であるAbdulah Al Masoud氏は、政府からの補償金を受け取らず国に対する義務を遂行したいとだけ述べた。最近では、国内の実業家達にエジプトの経済発展に向けた投資を呼びかけたところ、総額で5億ドルの資金が集まった。」と語った。

ボランティア

本会議でのスピーチで、Shaikh Mohammad将軍は自らの意思で軍の任務に従事する若者達の写真をスクリーンに映し出した。そして同将軍は、彼らの写真を用いた理由として、彼らが健康面での何らかの理由もしくは家族内で唯一の男性であることを理由に徴兵を免れたにも関わらず自ら進んで軍への参加を決めた若者達であると述べた。

「彼らの他にも国内には軍の任務に従事する何千もの若者達がいる。写真の若者達はその一例に過ぎない。彼らは皆我々の誇りであり、我々は彼らに感謝の意を表する。」

Shaikh Mohammad将軍は、国を愛することの尊さを子供達に教育してくれた彼らの家族に向けた感謝を述べることでスピーチを終えた。

「国を愛する精神はこれからも続く。我々の将来は明るい。」

http://gulfnews.com/news/gulf/uae/government/people-not-oil-uae-s-real-wealth-1.1454065

People, not oil, UAE’s real wealth

Published: 17:09 February 9, 2015

Dubai: Twenty-five per cent of the UAE’s needs will be supplied by clean nuclear energy when the first nuclear plant will be launched in 2017, General Shaikh Mohammad Bin Zayed Al Nahyan, Crown Prince of Abu Dhabi and Deputy Supreme Commander of the UAE Armed Forces, announced.

Shaikh Mohammad made the announcement at the Government Summit’s main plenary session on Monday.

The third Government Summit, being held under the patronage of His Highness Shaikh Mohammad Bin Rashid Al Maktoum, Vice-President and Prime Minister of the UAE and Ruler of Dubai, at the Madinat Jumeirah from February 9 to 11, is being attended by heads of state, high-ranking government officials, technology experts and educationists from around the world.

Diversification

Shaikh Mohammad said that 50 years from now, there may be no more oil reserves to depend on, which is why the UAE government has started to focus on alternative resources to further build its economic strength.

Today, under the leadership of Shaikh Khalifa, our economy is strong and flourishing. Shaikh Khalifa is directing us to focus on education, health, innovation, economic diversity and security.

Shaikh Mohammad admitted that the UAE was late in focusing on education. “However, knowing that you are late and working on it is what matters,” he said.

In this period, while we have the resources and wealth, we must invest in education. If we do so correctly now, in 50 years, when we ship off the last barrel of petrol, we will not be sad. I promise you, my brothers and sisters, we will be celebrating.”

Shaikh Mohammad said there is no doubt that there are a lot of challenges in education and to overcome these challenges, there has to be a clear vision. The outcome of education for the next 20 years, he said, must be known from now.

Sovereign wealth fund

With the leadership of Khalifa, we established the Abu Dhabi Investment Authority (ADIA) in the ’70s, which today is considered the second-biggest sovereign investment fund in the world.

“We have also started working on establishing a plant for clean nuclear energy; 25 per cent of the country’s needs will be dependent on this clean nuclear energy once we build the first nuclear plant in 2017.”

He acknowledged Ahmad Khalifa Al Suwaidi and Mohammad Habroush for their role in the founding of ADIA.

Shaikh Mohammad said the country has also started advancing in the manufacturing industry. “Srata Manufacturing in Abu Dhabi manufactures parts of Boeing and Airbus planes. If that is not impressive enough, 83 per cent of the workforce are women,” he added.

The role of women in the UAE is very important; women are skilful and represent 50 per cent of the total population.”

Shaikh Mohammad also congratulated Shaikh Mohammad Bin Rashid Al Maktoum for building Dubai International Airport, one of the biggest international airports in the world, where the number of travellers reached 70 million.

All of the examples I just gave show the diversity of our economy, which is a source of pride for us.”

Shaikh Mohammad acknowledged that oil prices were at a low now, but people forget that in 2008, they were even lower but “the ship continued sailing”, he said.

Regarding the issues facing the region, Shaikh Mohammad said, “There are a lot of regional challenges that we are facing, as the region is facing a lot of difficult events. Since our establishment until today, the UAE is trying to send a message to the world that great things can come out of this region.”

The UAE has been trying to do so through its humanitarian work, not only by the country’s government but also by its people, he said.

In the ’70s, a journalist who was interviewing Shaikh Zayed [Bin Sultan Al Nahyan] asked him if he was spoiling his people. Shaikh Zayed responded by asking him: ‘Do you have children? Do you spend on them? There is a difference between spoiling and doing what is my duty. No one deprives their children’.”

The journalist, said Shaikh Mohammad, did not know that Shaikh Zayed’s ‘children’ will pay back their country.

He provided examples: “In the ’90s, during the war on Kuwait, we asked people to volunteer for the military. We expected 40,000-50,000, but we received around 80,000. We also asked for 4,000 cars from our merchants. One of them, Abdullah Al Masoud, refused to take any monetary compensation. He said he wanted to perform his duty towards his country.

A recent example is when we asked our businessmen to invest in Egypt’s development and we received a total of $50 million (Dh183.7 million).”

Volunteers

During the session, Shaikh Mohammad displayed pictures of some youth who volunteered for the military service. He said he got this sample of youth because they volunteered even though they were exempted from service due to health reasons or due to the fact that they were the only men in the family.

These are just a sample of the thousands of our sons and daughters who have joined the military service; they are our pride and we thank them.”

Shaikh Mohammad concluded by thanking the families of these volunteers who had instilled in their children the value of loving their country.

So long that this is the spirit, our future is in good hands.”

Gulf News /9より引用

コメントを残す