TAP、5度目となる約定通知を発表

TAP_1

トランス・アドリアティック・パイプライン(TAPは、サプライヤー候補の選出のための約定通知を提示した。TAPによる約定通知の提示はこれで5度目となる。

今回の約定通知はEUの官報であるEU Gazette725日に発表された。

今回のサプライヤー契約には、製造、テスト、そして大径ボールバルブ(直径約91センチのクラス900のボールバルブ8個、直径約1メートル20センチのクラス600のバルブ46個)の供給が含まれている。

TAPによると、「サプライヤーの条件として、TAP品質条件を満たすこととパイプライン建設スケジュールにあわせた必要供給量をクリアすることが求められる。」のだという。

今回のサプライヤー契約のための事前選考を受けたい企業は、2014811日までにTAPから調査用紙を取り寄せアンケートに答えなければならない。

事前選考を通過した限られた数の企業のみが、TAPの大径バルブ下請け契約の入札権利を取得することになる。

今回の約定通知に引き続きTAPは、陸上部分の鉄製ラインパイプを供給する下請け企業の事前選考や海底部分のパイプライン建築請負企業の事前選考を含む約定通知を提示することになっている。

世界でもっとも大きなガス油田のひとつであるカスピ海中のシャー・デニズガス油田は1999年に発見された。シャー・デニズガス油田の推定埋蔵量は12,000億㎥である。同ガス油田は、アゼルバイジャン、グルジア、トルコ、ヨーロッパ諸国への安定したガス供給が可能であると証明されている。

アゼルバイジャンのシャー・デニズ油田開発第二フェーズにおいて生産される天然ガスが、カスピ海の天然ガスをヨーロッパ市場へと運ぶ南ガス回廊プロジェクトの主要な供給源となる予定である。

6月下旬、シャー・デニズの共同事業体は、TAPをヨーロッパへの天然ガス主要輸送ルートとすることを発表した。ナブッコ・パイプラインがアゼルバイジャンからヨーロッパへの天然ガス輸送ルート候補としてTAPとその座を競い合っていた。

20139月アゼルバイジャンはE9カ国に対し年間100億㎥以上の天然ガスを供給する契約に合意した。この供給はシャー・デニズ開発第二フェーズから開始される。

この契約は25年契約でアゼルバイジャン国営石油会社であるSOCARと複数のヨーロッパエネルギー会社との間で締結された。

TAPの初期供給容量は年間100億㎥であり、倍の年間200億㎥までの供給容量増量を見込まれている。TAPの建設プロジェクトは2015年に開始される計画である。

 

http://www.azernews.az/oil_and_gas/69181.html

TAP issues next contract notice

7 25 JULY 2014, 16:10 (GMT+05:00)

By Aynur Jafarova

The Trans-Adriatic-Pipeline (TAP) has issued its fifth contract notice as part of its pre-qualification process for potential suppliers.

The notice was published in the EU Gazette, the official journal of the EU, TAP said on July 25.

The scope of this particular Supply Contract will include manufacturing, testing and delivery of large diameter ball valves: approximately 8 of 36 inch (class 900) valves and 46 of 48 inch (class 600) valves.

“The potential suppliers need to demonstrate their ability to meet TAP’s quality requirements and supply necessary volumes in accordance with the pipeline’s development schedule,” TAP said.

Companies interested in being pre-qualified for this contract need to request a pre-qualification questionnaire from TAP no later than August 11, 2014.

Only a selected number of pre-qualified companies will be invited to participate in the subsequent tendering stages of the TAP’s procurement process for large diameter valves.

Subsequent contract notices to be issued by TAP will include the pre-qualification of companies supplying steel line pipes for the onshore sections of TAP, followed by pre-qualification of companies, providing offshore pipeline construction services.

The Shah Deniz field, one of the world’s largest gas-condensate fields, was discovered in 1999. Its reserves are estimated at 1.2 trillion cubic meters of gas. Overall, the field has proven to be a secure and reliable supplier of gas to Azerbaijan, Georgia, Turkey, and Europe.

The gas which will be produced at the second stage of Azerbaijan’s Shah Deniz field development will be the main source of the Southern Gas Corridor, which envisages the transportation of the Caspian gas to European markets.

The Shah Deniz consortium announced the selection of TAP as the main route for transporting its gas to Europe in late June. Another pipeline which was vying for Azerbaijan’s gas transportation to Europe was Nabucco West.

Azerbaijan agreed to sell over 10 billion cubic meters of natural gas a year from the second phase of its Shah Deniz development to nine companies in the European Union in September 2013.

The contracts were signed for 25 years between SOCAR and the European utilities, including Axpo Trading AG, Bulgargaz EAD, Depa, Gas Natural Fenosa, Hera Trading Srl, Shell Energy Europe, Enel SpA, E.ON SE, and GDF Suez SA.

The initial capacity of TAP will amount to 10 billion cubic meters per annum with the possibility of expanding to 20 billion cubic meters per annum. The TAP’s construction project is planned to start in 2015.

AzerNews 7/25より引用

コメントを残す