8兆4,000億円の海外投資を集める国、アゼルバイジャン

shahin_mustafayev_100913

アゼルバイジャン政府は、第一優先課題のひとつとして自国の非石油部門の発展を推し進めてきた。

アゼルバイジャン経済産業省長官Shahin Mustafayev氏は、海外投資の誘引、海外の先端技術ならびに熟練したマネージメントの導入がアゼルバイジャン経済政策の重要目標の一つであると語った。

同氏は、アゼルバイジャンがこの目標をほぼ達成したと述べ、1995年から2013年までの18年間で約84,000万円の海外投資を集め、そのうちの約35,000万円が非石油部門への投資であったことを明らかにした。

政治政策とマクロ経済の安定性、確実に保護された投資家権利、地理的優位性、豊富な天然資源、そして労働者の高い技術力、アゼルバイジャンが持つこれら全ての要因が海外投資を魅了している。

同氏は「昨年一年間のアゼルバイジャンへの海外投資額は約1500万円であり、強調すべき点は、その半分以上が非石油部門への投資であったことである。投資元の国別にみると、一番多くの投資を行ったのがトルコで全体の26%、次いでイギリスが16%、アメリカが12%&であった。アゼルバイジャンの海外からの固定資本への投資額を見てみると、イギリスが18,000億円、アメリカ7,000億円、日本4,000億円である。」と付け加えた。

アゼルバイジャンの統計委員会によれば、2014年上半期におけるアゼルバイジャンの国外からの固定資産投資は総額で約2,800円であったという。これは昨年同時期に比べ15.8%の増加である。

20141月から6月までにおけるアゼルバイジャンへの投資のうち、約80.3%2,3000億円)は海外もしくは国際機関によるものであった。同時期において、イギリス、ノルウェー、トルコ、日本、フランスの投資家達によるアゼルバイジャンへの投資活動が見られ、約134カ国の国々との貿易取引があった。2014年上半期の貿易取引高は約15,370億円であった。1月から6月までのアゼルバイジャンの輸出数と輸入数はそれぞれ1102,500万件と412,000万件であった。現在アゼルバイジャンには、6,857社の海外資本企業があるという。Mustafayav氏は「これら企業の1/3以上にあたる2,464社がトルコ出資による企業で、570社がロシア、541社がイギリスからの出資によるものである。これらの外資企業はインフラプロジェクトを含む様々な公共事業に積極的に参加している。」と語った。

また、勢いのある開発、金融投資機会の成長、民間セクターの発展によりアゼルバイジャンは、海外投資を受けるのみならず、海外投資を行うようにもなった。アゼルバイジャンは、トルコ、グルジア、モンテネグロ、セルビア、スイスを含む様々な国々のプロジェクトへ積極的に投資を行っている。

同氏は更に「世界経済におけるアゼルバイジャンの好調さを象徴するもうひとつの事柄として、アゼルバイジャンの企業が海外での民営化プロジェクトや投資プロジェクトへの参加を持ちかけられていることがあげられる。」ど語った。

アゼルバイジャンの経済は短期間に急激に発展してきた。そしてこの流れはこの先も続くだろう

アゼルバイジャン経済の石油部門への依存は極小化していく。非石油部門の発展によりアゼルバイジャのGDP2020年までに倍の成長を見せるであろう。」とMustafayev氏は言う。

 

http://www.azernews.az/business/68917.html

Azerbaijan attracts $84 bln foreign investment

17 JULY 2014, 17:01 (GMT+05:00)

By Aynur Jafarova

One of the main priorities of Azerbaijan’s government has been promoting its non-oil sector.

Attracting investments, advanced technologies and management experience from abroad is one of the main directions of the country’s economic policy, said Azerbaijan’s Economy and Industry Minister Shahin Mustafayev in his article published on the official press on July 16.

He noted Azerbaijan has achieved most of its goals in this field, and added the country successfully attracted $83.8 billion worth foreign investment from 1995 to 2013, some $35 billion out of which accounted for non-oil sector.

Political and macroeconomic stability, secure protection of investors’ rights, favorable geographical location, rich natural resources and highly skilled workforce have turned Azerbaijan into one of the most attractive countries for foreign investments.

“$10.5 billion foreign investment was invested in Azerbaijan’s economy last year and it is important to direct over half of this amount to non-oil sector,” he added.

“Over a quarter (26 percent) of the foreign direct investment was made by Turkey. Azerbaijan’s second and third largest direct investors are Great Britain (16 percent) and the U.S. (12 percent). As for investment in fixed capital, the Great Britain invested $18 billion in Azerbaijan, the U.S., $7 billion, and Japan, $4 billion,” the minister said.

Azerbaijan’s State Statistics Committee said the total volume of foreign investment made in Azerbaijan’s fixed capital in the first half of 2014 amounted to 2.2 billion manats. This figure is 15.8 percent more compared to a same period last year.

Some 80.3 percent (1.794 billion manats) of investment was made by foreign countries and international organizations in January-June 2014. Investors from the UK, Norway, U.S., Turkey, Japan and France invested in Azerbaijan during the mentioned period.

Some 134 countries were Azerbaijan’s foreign trade partners in the period. The total trade turnover of the country in the first half of year amounted to $15.37 billion.

In January-June, Azerbaijan conducted export transactions amounting to 11.25 billion, and import volume of the country stood at $4.12 billion.

Mustafayev went on to add that today some 6,857 enterprises with foreign investments are operating in Azerbaijan.

“Over one third of them, in particular 2,464 companies were established with the investment from Turkey, 570 enterprises with the investment from Russia, and 541 enterprises with the investment from Great Britain,” he said. “Foreign companies are actively involved as contractors and sub-contractors in infrastructure and other projects implemented with public investment.”

 

Also, the dynamic development, growth of financial opportunities and development of the private sector have made Azerbaijan an exporter of investment: the country has invested heavily in projects in Turkey, Georgia, Montenegro, Serbia, Switzerland and other countries.

“Another indication of Azerbaijan’s positive image, formed in the international arena, is invitation of Azerbaijani business to participate in privatization and investment projects abroad,” he added.

Azerbaijan has made a leap in the economic development in a short period and will continue this trend.

“The dependence of the national economy on the oil factor will be minimized, and the country’s GDP will be doubled thanks to the development of non-oil sector by 2020,” Mustafayev noted.

AzerNews 7/17より引用

コメントを残す