間もなくドバイにマスターカードセンターが登場

クレジットカード業界の先端を行くマスターカードが今年10月以降にアメリカ以外の国で初めてとなる処理センターをドバイに開設する予定である。

この地域で初ともなる処理センターには、デビット決済、プリペイド処理、緊急サービス、ATM、カスタマーサポートなどの支払い処理に関すす全てがそろう場所である。

「マスターカード処理センターの開設は、お客様により近いソリューションを提供しながら急成長市場へのマーケット拡大をしていくという我々の世界戦略の延長である。」マスターカードグローバルプロセッシングのキャシー・マッカール女史は語る。

ドバイ国際会議展示センターで開催された中東カード&ペイメント展覧会でマッカール氏が語ったところによると、数百万ドルをかけて建設されるこのセンターは、労働人口と投資という観点でこの地域におけるマスターカードの存在意義を著しく高めるであろう。そしてまた、クレジットカード業界に革新をもたらすことを期待されており、ドバイの”スマートシティ構想”にも一致しているという。

スマートシティプロジェクトとは、スマートディバイスを使用して簡単にすばやく効率よく行政サービスを利用できる街にドバイを変えていこうというものである。

マスターカードが新センター設立の地としてドバイを選択したことに関しマッカール氏が語ったところによると、UAEに新センターを設立することで、新興市場国内でカード会社の必要性と存在意義を引き出すことにフォーカスしたマスターカードのグローバル処理戦略を完全なものにするのだという。マッカール氏は「中東とアフリカ地域は世界でもっとも著しい成長を見せる新興市場である。そして我々は、この地域に我々のグローバル能力をつぎ込むための投資を続けることをコミットしている。」と語る。

「マスタカードプロセッシング」と呼ばれる新しいサービスは、充実した不正利用対策ツールや利用明細やカード所有者の情報を簡単に引き出せるデータ・マイニング機能が提供される。このサービスはまた金融機関にとっても有用で、消費者ニーズの変更に対する迅速な対応、最新技術の採用、そして効率化に役立つとマッカール氏は言う。

「我々のグローバルな専門知識を利用して、またそれを特定な市場ニーズへの対応に用いることで、顧客に最高水準のプラットフォームに基づく総合的なカード発行・処理手続きサービスを提供できる。サービスの著しい発展や電子決済の拡大により既存システムの対応能力、安全性、そして機能性に限界が見られる新興市場では、我々のシステムに対する大きなニーズがある。」とマッカール氏は語った。

マスターカード中東北アフリカ地域事業部長のRaghu Malhotra氏は、「新たに建設されたセンターには最新のソフトウェアを使った総合ソリューションシステムが導入されるため、旧システムにあるような規制は一切なくなるという。”マスターパス”などの次世代決済方法への移行をスムーズにする。将来的には、eコマース(電子商取引)やmコマース(モバイルコマース:パソコンを利用した電子商取引)を含む多チャンネルプラットフォームを中心としたつ付加サービスを統合していく」と語る。

Malhotra氏がによると、新たなシステムでは、カスタマーに革新的な決済方法を提供するのみならず、包括的なカードホルダー情報にを利用し銀行が顧客の消費パターンに基づいたサービス提供をできるようにするという。

Malhotra氏の説明によると、マスタカードプロセッシングは、金融サービス、行政サービス、電気通信サービスへの決済ができる総合的なサービスとしてデザインされており、クレジットカード決済、デビット決済、そしてプリペイドのための最も優れた処理基盤を提供すると共に、緊急時対処、運用分析、マスターカード利用ポイントなどの最新の付加サービスも併せ持つと言う。

現在マスターカードは世界24カ国以上の国においてクレジットカード発行・処理手続きサービスを提供している。カスタマーサービスと業務の優位性にフォーカスすることでマスターカードは一流のカード発行企業との提携に成功し、より安全で簡略化された新たな決済サービスを顧客に提供することができた。さらに、技術や運営を外部委託することで、カード発行企業が本業に集中しやすくなった。

Malhotraが語るところによると、マスターカードプロセッシングセンターは、カード発行企業がニーズの変化にうまく対応し優れた製品とサービスを顧客に確実に提供できるようにする。また、総合的なグローバルシステムへの簡単な接続で処理基盤の違いによる非効率性を減らすという。

Malhotra氏によれば「新興市場の金融機関は、最新技術を取り入れたソリューションへの投資や採用を妨げる制約に直面することが多い。」という。

http://www.khaleejtimes.com/biz/inside.asp?xfile=/data/uaebusiness/2014/May/uaebusiness_May242.xml&section=uaebusiness

MasterCard plans processing center in Dubai soon

Issac John / 15 May 2014

MasterCard, a technology leader in the global payments industry, plans to set up in Dubai its first processing centre outside the US in the last quarter of  2014.

The processing centre, also the very first of its kind in the region, will be a one-stop-shop for debit and prepaid processing, fraud risk services, ATM processing, customer care and reporting/analytics.

The MasterCard Processing Centre is a continuation of our global strategy to expand the company’s processing presence in high growth markets, bringing solutions closer to customers,” said Cathy McCaul, president of MasterCard Global Processing.

The multi-million facility that will significantly boost MasterCard’s operations in the region in terms of workforce and investment, is expected to be catalyst for innovation in the payments industry and is in line with Dubai’s Smart City initiative, McCaul told Khaleej Times on the sidelines of Cards and Payments Middle East  show at the Dubai International Convention and Exhibition Centre.

Smart City project envisages transforming Dubai into a city where government services will be easily accessible, quick, and efficient using smart devices.

On selecting Dubai as the location for the facility, McCaul  said the establishment of the centre in the UAE complements Mastercard’s global processing strategy that is focused on driving domestic relevance in emerging markets. “The Middle East and Africa is one of our fastest growing emerging markets in the world and we are committed to continuously invest in bringing our global capabilities to this region.”

The new service, called MasterCard Processing, is to be equipped with sophisticated fraud-fighting tools and data mining capabilities that help capture portfolio and cardholder insights. It will also help financial institutions respond rapidly to changing consumer needs, drive adoption of innovative technology and increase efficiency, said McCaul.

By harnessing our global expertise, and using that to address specific market needs, we will have the ability to provide customers with integrated issuer and acquirer processing services using a state-of-the-art platform. There is a particular need for this in emerging markets where the rapid change in products and the growth in electronic payments challenge the capacity, security and capability of existing systems,” she said.

Raghu Malhotra, division president, Middle East and North Africa, MasterCard, said the new facility would be built as an integrated solution with the most advanced software so it will not have constraints sometimes found in legacy systems.  “This will ensure a seamless transition to next generation payment solutions like ‘MasterPass.’ Eventually, it will also help integrate additional value-added services around multi-channel platforms including e-commerce and m-commerce.”

 Malhotra  pointed out that besides allowing its customers to swiftly develop innovative payment solutions, the Center would also deliver richer behavioral insights through comprehensive cardholder intelligence, allowing banks to develop offers based on consumer spending patterns.

Designed to be a one-stop-shop for financial institutions, governments and telecommunication companies, for all their payment processing requirements, the service will combine best-in-class processing platforms for credit, debit and prepaid processing along with advanced value-added-services around fraud, analytics and loyalty brought by operations owned and operated by MasterCard, Malhotra explained.

Currently, MasterCard provides issuer and/or acquirer processing services in more than 24 countries globally. The company’s focus on customer service and operational excellence has allowed MasterCard to partner with leading issuers to bring new, safer, and simpler payments products to consumers and to make it easier for issuers to focus on their core business by outsourcing their technology and operations.

He said MasterCard Processing would ensure partners are well positioned to respond to evolving demands and allow them to offer the most advanced products and services. The centre will also help will eliminate inefficiencies that result from using disparate processing platforms by linking an easy-to-use single connection to a comprehensive, globally connected infrastructure.

Financial institutions in emerging markets usually face constraints that hinder the investment in and adoption of technologically-advanced solutions.
Khaleej Times 5/15より引用

コメントを残す