日本の伝統を取り入れた特別な真珠、バクーの日本製品市にて

cherryblossoms (1)

1114日~15日にアゼルバイジャンの首都バクーにて第一回日本製品市が開催された。

バクー旧市街のアートガーデンで開催されたこの展示会では40社以上の日本企業がそれぞれの製品を紹介した。

展示会で紹介された製品には、軽工業品、ギフト、宝飾品、自然化粧品、アクセサリーと技術装置、サプリメント、キッチン用品、食品製品、日本製ワインが含まれる。

日の昇る国”日本を代表する芸術家である上村栄司氏は、”火の国”アゼルバイジャンですばらしく独創的な逸品を紹介した。

上村氏は、養殖した真珠と日本の伝統技法である蒔絵を組み合わせることで、まったく新しい真珠ジュエリーを創作する。

蒔絵とは日本の塗装技術で1500年もの歴史を持つ伝統技法である。その蒔絵を真珠の上に施しているのである。

今回開催されたバクーでの展示会でこの蒔絵真珠を紹介した同氏は、「日々革新的な技術が生まれる時代である。二つの伝統を統合することで、より面白くより発展的な新しい技術を生み出すことができた。」と語る。

更に上村氏が語るところによれば、「真珠と蒔絵を組み合わせるのにもっとも難しいことは、真珠の質を維持することである。蒔絵塗装を施すことで真珠の質がとても悪いものになってしまう可能性がある。質の良い真珠を作るのは非常に大変である」という。

上村氏は、アゼルバイジャンと日本の友好関係を築くことにつながる日本製品市の第一回開催に参加したことを誇りに思っている。

同氏は今回の展示会で作品を展示するに留まらず、今後の作品コンセプトも紹介した。

現在同氏のパールジュエリーは近隣の国々でも人気が高まっている。そして同氏は更に多くの人々に作品を知ってもらいたいと望んでいる。

上村氏はヨーロッパやアジアの国々でワークショップを開催したり、新聞や雑誌で作品を紹介している。そして次なるステップとして、イスラエルとベイルートでワークショップを開催し、ショップをオープンする計画であるという。

特殊な真珠ジュエリーのクリエーターである上村氏は、世界的に有名になり歴史に名を残すという将来の目標を自信満々に語る。

 

http://www.today.az/news/sports/137377.html

Extraordinary Japanese pearl tradition in Baku

18 NOVEMBER 2014

By Nigar Orujova

Azerbaijan’s capital Baku hosted for the first time an exhibition of Japanese products on November 14-15.

A cozy place in the Old City, Art Garden housed the exhibition where over 40 Japanese companies presented their goods.

The exhibition put on display products of light industry, jewelry, natural cosmetics, accessories and technical equipment, a variety of vitamins, kitchen equipment, food products, as well as Japanese wines.

One of the prominent representatives of the Land of Rising Sun Eiji Uemura showed his totally innovative masterpieces in the Land of Fire.

Uemura combined his jewelry Pearls and MAKI-E traditions, injecting a new life into the Pearl jewelry.

MAKI-E was a unique Japanese lacquer technique that has been a part of Japanese traditional culture for more than 1,500 years, on the beautiful pearls.

Presenting his elegant works in Baku, the master said: “We are living in a time, when innovation comes each day. For this purpose, I’ve syntheses two traditions, to make it more interesting and forth going.”

The most difficult point in combining two ideas is that sea pearls made in this technique can be very good or very bad in quality. “You should work really hard to achieve the perfect quality,” the master noted.

Uemura was proud of participating in the first monumental Japan fair in order to build a good friendship between Azerbaijan and Japan.

In Baku he presented not only his designs, but also the concept of his future works.

Today, his jewelry is more popular in the nearby countries, but Uemura is looking for more success.

He holds workshops in Europe and Asia, and publishes in several newspapers and magazines. Next, he plans to hold workshops in Israel and Beirut, where Uemura plans to open his shops.

The future plans of the creator of this unique jewelry are to become famous in the world and enter the history. And Uemura is self-confident about his success.

AZERNEWS 11/18より引用

コメントを残す