伊藤忠商事、アゼルバイジャンSOCAR社との協力強化へ

itochu-socar

日本の伊藤忠商事株式会社(以下、伊藤忠商事)がアゼルバイジャン国営石油会社SOCAR社が手がける様々なエネルギープロジェクトに関心を示している。

この伊藤忠商事の意向は、同社副社長小林洋一氏が10月20日に行ったSOCAR社社長RovangAbdullayav氏との会合で明らかにしたものである。

現在、伊藤忠商事はアゼルバイジャン共和国領カスピ海沖合アゼリ(Azeri-シラグ(Chirag-グネシュリ(Gunashli(ACG)鉱区開発プロジェクトにおける権益の4.3%を獲得している。

今回の会合の中でAbdullayev社長は、ACG鉱区開発プロジェクトおよびその他のプロジェクトにおいてSOCAR社と伊藤忠商事の協力関係を強めていくチャンスがあると述べた。

ACG鉱区は1997年から稼働しており、まずシラグで生産がスタートした。次いで、アゼリでのプロジェクトも順調に進み、セントラルアゼリが20052月に、ウェストアゼリが200512月に、そしてイーストアゼリが200610月に生産をスタートさせた。さらに、20084月にはグネシュリでの生産もスタートしている。

アゼルバイジャンと日本の外交関係は1992年からスタートした。日本はアゼルバイジャンの先見的な石油開発プロジェクトを早期から支持している国の一つである19949月、ヘイダル・アリエフ前大統領の下、国際コンソーシアム(AIOC)との間で締結されたカスピ海沖のACG油田開発契約「世紀の契約」に、日本からは伊藤忠商事とImpex社の2社が加わっている。現在アゼルバイジャンにおけるエネルギー・インフラ開発プロジェクトに日本の主要企業、三菱、三井、丸紅、双日が参画している

http://www.azernews.az/oil_and_gas/72172.html

Japanese Itochu interested in Azerbaijan’s energy projects

21 OCTOBER 2014, 13:06 (GMT+05:00)

Japan’s Itochu Company is interested in cooperation with Azerbaijan’s state energy company SOCAR in implementation of various projects.

This remark was made by Itochu Executive Vice President Yoichi Kobayashi at a meeting with SOCAR Head Rovnag Abdullayev on October 20.

Currently, the Japanese company has a 4.3-percent interest in the project of development of Azerbaijan’s giant Azeri-Chirag-Gunashli (ACG) block of fields.

During the meeting Abdullayev said there are opportunities to intensify the cooperation between the two companies both as part of the ACG and other projects.

The ACG block of fields has been active since 1997. Production first started at the Chirag part of the block. It was followed successfully by Azeri Project; Central Azeri in February 2005, West Azeri in December 2005, and East Azeri in October 2006.

The Deepwater Gunashli section launched production in April 2008.

The diplomatic relations between Azerbaijan and Japan were established in 1992. Japan was one of the first countries to support Azerbaijan’s forward-looking oil strategy.

Today two major Japanese companies Itochu and Impex are involved in the Contract of the Century. Leaders of Japanese business, Mitsubishi, Mitsui, Marubeni, and Sojits are involved in the energy and infrastructure projects in the country.

AzerNews 10/21より引用

コメントを残す