世界のトップを走る中東地域の経済成長;UAEのGDP成長4%と予測

最新の経済情報を提供するユーラーヘルメスの経済見通しレポートは、世界の経済成長の勢いが低迷するなか中東および湾岸地域の国々が今年に引き続き来年も好調な経済成長をみせるという予測を発表した。

フランスの信用保険会社ユーラーヘルメスが発表するこのレポートでは、2013年のGDP成長が2.6%であった中東地域が2014年に3.6%2015年に4.2%のGDP成長を見せると予測している。

ユーラーヘルメスのレポートでは、湾岸協力理事会(GCC)加盟国の多くが中東地域の平均かそれ以上の経済発展をすると見ている。サウジアラビアのGDP成長率は2014年に4.5%2015年に5%と予測され、UAEは2013年の3.5%に対し2014年、2015年共に4%の成長が見られるだろうとしている。

中東地域に見られる経済成長の勢いは、3年連続で3%以下の成長を続け収まることのない縮小のリスクを抱える中東を除くその他の国々の現状とは相反するものである。

レポートでは、石油・天然ガス産業が引き続きGCC加盟国の成長を勢いづかせると述べられている。GCC加盟国は世界石油埋蔵量の29%以上、天然ガス埋蔵量の23%を有する。

石油の標準価格が1バレルあたり約1万円かもしくはそれ以上であった2011年以降、ハイドロカーボン産業の生産活動が成長の大きなけん引役であった。

人口わずか4,900万人のこの地域で、石油輸出による収益が多くの外貨保有高、特に政府系ファンド(SWFs)に積み立てられた金融資産を維持している。GCC加盟国のSWFs総資産は概算で225兆円と見積もられており、そのうちUAE975,000万円、サウジアラビアが68兆円保有しているとユーラーヘルメスは予測している。

このような財政的保護策がインフラプロジェクトへの投資を促しGCC加盟国全体の国内需要を押し上げ、それと同時に雇用創出の促進、将来的な成長へとつながる。レポートでは、社会的消費の増加が健康、教育、そしてその他の福利厚生サービスの提供をより良いものにするだろうとも述べている。

GCC加盟国における市場の開放性と事業規制の緩さにかかわる懸念は依然残ってはいるが、世界銀行が発表する各国にける国内ビジネスの容易度を示すランキング「ビジネス環境の現状(Doing Business Survey2014」ではすべてのGCC加盟国が高く評価されている。

GCC加盟国の持つ“好調なGDP成長”、“高い国内消費”、“望ましいビジネス環境”という要素が、これらの国々との貿易とその市場でのビジネス展開が振興経済におけるブライトスポットになりうることを示唆している。

http://www.khaleejtimes.com/biz/inside.asp?xfile=/data/uaebusiness/2014/May/uaebusiness_May401.xml&section=uaebusiness

Region to outstrip global economic growth; UAE to expand 4%


I(Abdul Basit) / 28 May 2014

Despite slow growth across the globe, economies of Middle East and Gulf countries will remain buoyant this year and next year, predicts Euler Hermes Economic Outlook Report. 

The report suggests that the Middle East is expected to post a GDP growth of 3.6 per cent in 2014 and 4.2 per cent in 2015 against 2.6 per cent in 2013.

Most GCC economies would expand at or above the regional average, the EH report forecasts. While Saudi Arabia is forecast to record a 4.5 per cent growth in 2014 and five per cent in 2015, the UAE is expected to witness four per cent growth in 2014 and 2015 against 3.5 per cent in 2013.

This is in contrast to world GDP growth, which is recovering at quite a slow pace — below three per cent for the third year in a row — and downside risks fail to subside.

Oil and gas will continue to fuel growth across GCC nations, it said. The GCC countries account for more than 29 per cent of global oil reserves and 23 per cent of gas reserves.

Output from the hydrocarbon sector was a key driver of growth from 2011 onwards when benchmark oil prices were $100 per barrel or above.

With the combined regional population of only 49 million, oil export revenue has enabled foreign exchange reserves to remain high, particularly the accumulation of financial assets held in sovereign wealth funds, or SWFs. The combined assets held under the SWFs of GCC countries is estimated at around $2,250 billion, with $975 billion held by the UAE and $680 billion by Saudi Arabia, says the Euler Hermes report.

This financial cushion will help increase the GCC countries domestic demand through state spending on infrastructure projects and also boost jobs and future growth in the region. Increasing social spending will help improve health, education and other welfare provisions, it added.

There were lingering concerns linked to the openness of markets and business regulations in the GCC but the World Bank’s Doing Business Survey for 2014 tells a different story. All the countries of the region have scored well.

Buoyant GDP growth, high domestic spending and improved business environments suggest that trade with GCC countries and doing business with their markets are likely to be bright spots in the evolving global economy, said the report.

Khaleej Times 5/28より引用

コメントを残す