ドバイ警察、カーボンニュートラル化へ

2351430555

マクラーレン、シボレー、BMW、ランボルギーニ、フェラーリなど、ガソリンを大量に消費する高級車をパトカーに使用しているドバイ警察の二酸化炭素排出量の多さは容易に想像できる。

ところが、そのドバイ警察が世界初のカーボンニュートラルな警察業務を目指している。

ドバイ警察はドバイ・カーボン(Dubai Carbon Center of Excellence:DCCE)との契約に調印し、効率の良いエネルギー消費、省エネ、カーボンオフセッティングに積極的に取り組み、その取り組みの拡大に協力することに同意した。

メディアへの発表で、ドバイ・カーボンは、今回のプロジェクトが成功すれば、世界で初めてカーボンニュートラルな警察としてドバイ警察が世界中で有名になるだろうと語った。

ドバイ・カーボンの会長Waleed Salman氏は、「ドバイ警察は、ドバイ経済社会に不可欠な組織として、立ち上げ以来進歩的な運営を進めてきており、革新的な取り組みを積極的に試みてきた。そして現在、ドバイ警察は、環境問題、温室効果ガス排出問題に取り組む国際的な法的機関の草分けとして率先してそのような問題に取り組んでいる。」と語る。

ドバイ警察の環境問題への取り組みの一環として、ドバイ・カーボンがドバイ警察の建物全てに二酸化炭素排出量監査およびエネルギー監査を実行することになっている。

DCCEEtihad Escoと協力し新たな省エネ技術の開発と技術の進展に取り組んでいる。2社の共同研究により、LEEDSISOなどのグリーンビルディング認証適合した効率的な建物が建設されるようになるかもしれない。また、その他にも、フリートエフィシエンシー(企業で使用する車に関する費用および排気ガスの量を減らすための取り組み)や再生可能エネルギーの分野においても効果を上げてきている。

次なるステップは、ドバイ・カーボンが取り組んできたグリーンイニシアティブ(環境問題への取り組みに関する主導権)の計画をドバイ警察に引き継ぐことである。もしこの引継ぎが上手くいけば、ドバイ警察は環境効率性の分野で世界をリードする存在になるだろう。そしてそれは彼らが目指すゼロエミッション(排出ガスゼロ)戦略の実現にも同調する。

ドバイ警察とドバイ・カーボンとの協力関係は、ドバイ、そしてUAE全体における持続可能性およびグリーン成長に大きく貢献することだろう。それと同時に、中東地域市場に向けたグリーン貿易およびグリーン投資を増加し、グリーンテクノロジー、グリーン製品、そしてグリーンサービスの導入を世界的に加速するだろう。

ドバイ・カーボン(DCCE:ドバイエネルギー最高評議会(Supreme Council of Energy)と国連開発プログラム(UNDP)の協力のもと2011年に設立され、二酸化炭素排出量の少ない社会への移行実現に取り組む組織。

http://www.emirates247.com/business/energy/despite-supercars-dubai-police-world-s-first-to-go-carbon-neutral-2014-11-23-1.571013

Etihad ESCOEnergy Service Company:ドバイを世界で最も持続性のある街にすることを目的とし2013年に設立されたDEWADubai Electlicyty and Water Authority)によるベンチャー企業

http://www.etihadesco.ae/

Despite supercars, Dubai Police world’s first to go carbon-neutral

Sunday, November 23, 2014

With a number of gas guzzling supercars in its fleet, including the McLaren MP4-12C, Chevrolet Camaro, BMW 5 series, Lamborghini Aventador and Ferrari FF, one would expect Dubai Police’s carbin footprint to be really big.

On the contrary, it is set to become the world’s first police force to go carbon-neutral.

Dubai Police has signed an agreement with Dubai Carbon to jointly develop initiatives for energy efficiency, fuel saving, and carbon offsetting.

In a media statement, Dubai Carbon said that the success of these projects will catapult Dubai Police as carbon neutral – the first police force in the world to achieve this feat.

Dubai Police, as integral part of Dubai’s fabric, has been progressive in its operation since its inception, as many innovative initiatives have shown in the past. Now, the police is tackling the issue of environmental impact and greenhouse gas emissions head on, as one of very few international constituted bodies enforcing the law,” said Waleed Salman, Chairman, Dubai Carbon.

To get things underway, Dubai Carbon will conduct a general carbon audit and energy audits in all Dubai Police buildings.


DCCE is set to collaborate with Etihad Esco to identify potential energy saving measures and suggest technical improvements to materialize these. Following which, efficient buildings might be legible for Green building certifications including LEEDS, ISO etc. Moving away from building structures, the other areas to be evaluated are fleet efficiency and renewable energy opportunities, e.g. car park shading or building rooftops.

The immediate step will involve Dubai Carbon handing over the ‘Green Initiatives’ roadmap to Dubai Police. The authorities will then deliberate the way forward. The success of these projects will propel Dubai Police as one of the leading forces world over in terms of efficiency, it also syncs with their Zero Carbon Emission strategy.

The partnership between Dubai Police and Dubai Carbon is going to effectively contribute to the sustainable and green growth of Dubai and UAE’s economy, enable the growth of green trade and investment in regional markets and to accelerate the adoption of green technologies, products and services worldwide.

http://www.emirates247.com/business/energy/despite-supercars-dubai-police-world-s-first-to-go-carbon-neutral-2014-11-23-1.571013

Emirates247 11/23より引用

コメントを残す