ドバイ国際空港、改造工事による閉鎖をものともせず2014年世界一の国際空港を目指す

85821580

ドバイ国際空港を運営するドバイエアポートSheikh Ahmed bin Saeed Al Mactoun会長は、滑走路改造のための閉鎖にもかかわらずドバイ国際空港の今年の利用者数は約7,000万人を見込めるだろうと語った。

ドバイ民間航空局の公式会報である『Via Dubai8月号で、ドバイ民間航空局局長でもあるSehikh Ahmed会長は、今年のドバイ国際空港の業績は同空港を国際空港世界一の座にさらに近づけるだろうと語る。

同会長は「滑走路修繕プロジェクトがスケジュール通り完了し、ドバイ国際空港の航空業務は721日から通常運行を開始した。主要滑走路の改造プロジェクトは非常にうまくいき、イード・アル・フィトル際(ラマダン明け祭り)の前に本格運行を再開できたことで、今後の航空交通量の大きな増加が見込める。」と語った。

ドバイ国際空港を離発着する航空機は大型のものが多く座席利用率がほかの空港よりも高めであるため、80日間に及んだ滑走路改造工事のための閉鎖期間中における座席数および利用者数の減少は26%以下に抑えられた。

Sheikh Ahmed会長は「2014年のドバイ国際空港利用者数は7,000万人を超えると見込んでおり、我々は世界一の国際空港に更に近づくだろう。」と語った。

同会長は、更にコンコースの新設プロジェクトがまもなく開始されると付け加えた。現在のターミナルと自動運転電車で接続されるコンコースDが来年初旬にオープンする予定である。

このコンコース新設プロジェクトは、2020年までに空港収容人数1億人以上を目指し約7,800億円をかけた拡大計画の一環である。

更に同会長によれば、利用者数16,000万人を見込んだアル・マクトゥーム国際空港の開発も徐々に進んでいるという。

Sheikh Ahmed会長はまた、「我々は、2020年までに航空産業がドバイのGDP32%を占める様になることを期待している。そして今航空産業を拡大させるための大きな梃入れが始まっている。」と語った。

6月のドバイ国際空港利用者数は、滑走路改造により滑走路が一部閉鎖されたこともあり、昨年同時期から8.5%減少し507万人となった。

今年上半期の旅客交通量は6.2%増の3,468万人であった。

本格運行再開により、年末に向けて更なる利用者数の増加が見込めるとドバイエアポートは語る。

http://www.arabianbusiness.com/dubai-int-l-see-70m-passengers-in-2014-despite-runway-closures-559909.html#.U98HmuN_uSpl

Dubai Int’l to see 70m passengers in 2014 despite runway closures

By Andy Sambidge

  • Sunday, 3 August 2014 1:58 PM

The chairman of Dubai Airports has said he is confident that the emirate’s international airport will see 70 million passengers this year despite the recent runway closures.

In the August edition of Via Dubai, the official bi-lingual newsletter of Dubai Civil Aviation Authority (DCAA), Sheikh Ahmed bin Saeed Al Maktoum, president of DCAA and chairman of Dubai Airports, this year’s performance will see Dubai International move closer to becoming the world’s number one airport for international passengers.

He said: “Flight operations at the Dubai International Airport have been restored fully on July 21 following the completion of the runway refurbishment as scheduled. We are confident the completion of the major runway refurbishment programme in our history and full schedule operations ahead of the Eid Al Fitr holidays will bring in a significant surge in air traffic.”

As airlines used bigger aircraft where possible and load factors were higher than usual, the actual reduction in seat and passenger numbers was calculated to be less than 26 percent during the 80-day repair programme.

“We are confident about the airport handling over 70 million passengers in 2014 which will bring us further closer to becoming the world’s number one airport for international passengers,” he said.

He added that the next project that will soon become a reality is a new concourse. The Concourse D which will be connected to an existing terminal by automated train is due to open in the first quarter of next year. A trial run is planned to be conducted soon.

The fourth concourse is part of the $7.8 billion expansion programme designed to boost the airport’s capacity to over 100 million passengers annually by 2020.

The development of Al Maktoum International Airport with an eventual capacity of 160 million passengers is also progressing in phases, he added.

“We are on the mark in terms of giving a big boost to the aviation industry which we anticipate will contribute 32 percent to Dubai’s GDP by 2020,” Sheikh Ahmed said.

Passenger traffic through Dubai’s main airport dropped 8.5 percent from a year earlier in June to 5.07 million people, as construction temporarily reduced its capacity.

In the first half of this year, passenger traffic expanded 6.2 percent to 34.68 million people. Dubai Airports said the resuming full operations would permit renewed traffic growth towards the end of this year.

Arabian business 8/3より引用

コメントを残す