ドバイ不動産株式市場50%の業績成長

reality_13042014

アナリスト達の平均的な予想によると、ドバイ証券市場(DFM)に上場しているドバイ不動産企業は、UAEにおける不動産市場の健全な回復の影響を受け、第一四半期の財務的業績が50%成長したことを発表すると期待されている。

ロイターの最近のアナリスト調査によると、不動産開発企業Emaar Properties社とDeyaar Development社は、2014年第一四半期の純利益が昨年の同時期から57%以上の成長をみせたことを発表すると予想されている。

昨年末から今年にかけて、ドバイの不動産部門では重要な動きが見られ、上場企業であるEmaar社やDeyaar社、または非上場企業のNakheel社やDamac Properties社が発表し販売した主要プロジェクトにより活気付いている。ドバイは約35%の価格上昇があり2013年の最優良不動産市場となったっとナイト・フランクの最新レポートで発表された。

ジョンズ・ラング・ラサールの最新レポートによると、ドバイのある地域での不動産価格は現在2008年当時のピーク価格を超えていると言う。不動産コンサルタントは、2014年第一四半期に平均価格が前年比33%上昇、平均賃料が23%上昇し、UAEの住宅市場はその勢いを維持していると語った。

投資銀行であるEFG Hermes の見積もりによれば、世界一高いブルジュ・カリファを建設したことで知られるEmaar社は3月期の純利益を約1842,639万円と公表すると予測されている。昨年Emaar社が発表した同時期の純利益は1536846万円であった。同社の3月期の純利益予測はエジプトのカイロに拠点をおくBeltone Financial 社によると3317,530万円、投資銀行SICO Bahrainによると2139,807万円とも言われている。

Emaar社の株式価格は30%以上上昇し今年の第一四半期に275円となった。総取り引数は51,381件であった。今年はじめの3ヶ月における売買高は3317,530万株で、売買代金は約2,9857,774万円に達した。

SICO Bahrainによると、Deyaar’s社の3月期純利益は、昨年発表された同時期の純利益53,633万円を大幅に超え、84,597万円と予測されている。2014年第一四半期、Deyaar社の株式価格は約32%上昇し、総取り引数は33,210件であった。売買代金は約1,6587,652万円で、売買高は1,327122万株であった。

DMFの「不動産建設」セクションには全部で7社上場している。7社全社の有価証券を合わせて、今年の第一四半期で252,646の取引があり、売買高は5,8056,784万株で14,8957,121万円円相当であった。

Union Property社もまたDMFに上場している企業のひとつだが、同社の業績予測は入手できない。第一四半期に株価は97%上昇し総取り引数は66,539件であった。総株取引は2,0458,105万円を超え、評価額3,511531万円であった。

ロイターの聞き取りによると、DMF上場企業のArabtec Holding社の2014年第一四半期純利益の平均成長予測は昨年同時期と比べると90%の成長であるという。先月、ドバイの大手建設企業がエジプトで総事業費4兆円の住宅計画ジョイントベンチャーを立ち上げた。この計画により何百万人ものエジプト人が恩恵を被り、学校、病院、公園そして礼拝所などの公共施設等を含む本格的なコミュニティの利用が可能となる。

EFG Hermesは、昨年Arabtec社が発表した3月期純利益172,651万円に対し、今年の同社の3月期純利益を327,263万円と予測した。 同社の3月期の純利益予測はBeltone Financialによると367,401万円、SICO Bahrainによると288,949万円とも言われている。

DFM「不動産建築」カテゴリーに上場するもうひとつの企業Drake & Scull社はUAEやその周りの地域でとても活発に不動産事業を展開している。同社は設計、工学技術、建設に関する統合された統制を提供する総合的なソリューションを提案する。

EFGは、2014年Drake & Scull社の第一四半期純利益予測し、Drake & Scull社が昨年発表した同時期の純利益154,695万円を12%以上上回るという。

http://www.khaleejtimes.com/biz/inside.asp?xfile=/data/uaebusiness/2014/April/uaebusiness_April198.xml&section=uaebusiness

Dubai realty stocks profit may top 50% mark

13 April 2014

Dubai property companies listed on the Dubai Financial Market (DFM) are expected to reveal more than 50 per cent growth in the first quarter financial results on the robust recovery of property market in the emirate, according to average estimates of analysts.

Property developers Emaar Properties and Deyaar Development are expected to declare more than 57 per cent growth in their net profits for the first quarter of 2014 over last year’s same quarter, according to Reuters’ recent poll of analysts.

Dubai property sector witnessed significant activities since the beginning of the last year and this year it also fuelled by major projects announced and sold by listed firms Emaar and Deyaar and non-listed companies Nakheel and Damac Properties. Dubai was the world’s best performing real estate market during 2013 with price growth nudging 35 per cent, Knight Frank has revealed in a new report.

Property prices in some areas of Dubai have now exceeded previous peaks seen in 2008, according to a new report by Jones Lang LaSalle. The real estate consultancy said that the emirate’s residential market maintained its momentum with average prices increasing 33 per cent year-on-year in the first quarter of 2014, with average rents improving 23 per cent.

Emaar, the builder of the world’s tallest tower Burj Khalifa, is expected to declare a Dh666.51 million net profit for the March quarter, compared to Dh555.9 million profit it reported for the same quarter last year, according to EFG Hermes estimates. Its net profit could be more than Dh1.2 billion for March quarter, according to Cairo-based Beltone Financial and it might be Dh744 million as per prediction of SICO Bahrain.

Emaar share price jumped by more than 30 per cent to Dh9.95 in the first quarter of the year with total trades 51,381. Trading value touched Dh10.8 billion with turnover of 1.2 billion shares during the first three months of the year.

Deyaar’s net profit forecast is Dh30.60 million over Dh 19.4 million declared for last March quarter, according to SICO Bahrain. Deyaar stocks price increased by around 32 per cent with total trades 33,210 in Q1 of 2014. Trading value was nearly Dh6 billion and turnover 4.8 billion scrips.

At the DFM, total seven stocks are listed under ‘Real Estate and Construction’ section. Altogether seven securities attracted 252,646 trades during the first three months of the year with trading volume of 21 billion shares worth Dh53.88 billion.

Union property is another developer listed on the Dubai bourse, but its estimates are not available. The stock grew by more than 97 per cent in the first quarter and attracted 66,359 total trades. Total shares transactions crossed Dh7.4 billion and valuing Dh12.7 billion.

DFM-listed Arabtec Holding’s forecast for average growth in net profit is 90 per cent for the first quarter of 2014 compared to same period last year as per Reuters’ polls. Last month, the Dubai construction giant formed a joint venture in Egypt for a housing project with an overall value of $40 billion, or Dh147 billion. Millions of Egyptians will get benefit of this project and have access to full-fledged communities, with public amenities such as schools, hospitals, parks and places of worship.

EFG Hermes predicted Dh118.47 million net profit for Arabtec’s March quarter, compared to Dh 62.5 million reported by the contractor for March quarter last year. Beltone Financial predicted Dh133 million for the quarter while SICO Bahrain expects Dh104.60 million net profit for the first quarter of 2014.

Drake & Scull, which is another DFM-listed firm under ‘real estate and construction sector’ is very active in the property sector in the UAE and other parts of the region. The company offers end to end solutions that provide integrated design, engineering and construction disciplines.

EFG predicted more than 12 per cent growth in Drake & Scull net profit for the first quarter of 2013 over Dh56 million declared for the same period last year.

Khaleej Times 4/13より引用

コメントを残す