ドバイ不動産展示会、2桁の伸びを見せ今年も開催

cityscape_1007

不動産市場の国際的な展示会イベント、シティースケープ・グローバル(Cityscape Global)は、展示場を2箇所追加し30,000㎡の展示スペースを確保した。

成熟化したドバイの不動産市場の好調ぶりを象徴する中東で最大の不動産展示会、シティースケープ・グローバル(Cityscape Global)が13回目の開催を向かえる。今年は、出展者数も昨年から25%増の250となり、会場の広さも大きく拡大し、開催への準備が着々と進められている。

ドバイ国土省によると、2014年第一四半期におけるドバイ不動産市場への投資額は約9,700億円で、昨年同時期から57%増加しているという。

シティスケープ・グローバルは921日から23日までドバイワールドトレードセンターで開催される。先週イベント開催者が、開催会場を2箇所追加することを発表し同イベントの展示会場総面積は30,000となった。このことは投資家達のモチベーションを更に高めることになる。

勢いを増すドバイの不動産市場について、JLL中東北アフリカ投資市場担当長のGaurav Shivpuri氏は、政府による法規制がマーケットへのドバイの投資家達の信用を回復させたのだという。

Shivpuri氏は、「透過性の推進、経済基盤の改善、2020年ワールドエクスポ開催決定への期待、スペキュレーション取引を減らすための取引手数料の増額、そしてオフプラン取引に関する法規制、これら全てがドバイの不動産投資のリスキーなイメージを取り除いてくれた」

「政府の取り組みは不動産市場の規制に大きな役割を果し、賃貸物件を評価するレントインデックスの導入により投資活動がしやすくなった。これらは全てマーケットが成熟したサインである。近時の物件価格と賃貸料の上昇は経済の成長から大きくかけ離れたものであった。政府による法規制やレントインデックスの導入により、2008年ドバイショックの際に見て取れたような危険性が著しく軽減されている」と語る。

ドバイ国土省による支援を受けるシティースケープ・グローバルは、不動産投資家、開発者、投資促進機関、建築家、デザイナー、不動産専門家達が年に一度集まり世界中の新興国市場における不動産投資の成長と発展を促す大きなイベントである。シティースケープ・グループ取締役のWouter Molman氏は「2013年開催のシティースケープ・グローバルには111の国から32,000人の参加者があった。調査によると、これらの参加者のうち、36%の人が不動産投資機会を求めて参加しており、そのうちの64%5,000万円以上の投資を考えていたということが分かった。

今年の開催にあたっては広い展示スペースを求める声がとても多く、そのため我々はできる限り多くの出展者に参加してもらうために2箇所の展示場を追加し展示エリアを拡大した。今年のシティースケープ・グローバルは過去5年間で最大規模となる予定で、ドバイ国土省からの支援額も2014年の開催に対する我々の期待を大きなものとする」と語る。

今回のイベントでは、3つの分野についての専門的な相談や情報交換のための会議が同時開催される。世界不動産サミット、都市の将来についてのサミット、不動産ブローカーサミットである。これらの会議には、今日の不動産市場に影響を与えるような投資活動機会を発掘しそして解決策を提供する750人以上の上級不動産専門家達が集結することが期待されている。

更に不動産展示会と並んで、シティースケープ・アワード・フォ・エマージング・マーケットも開催される。これは、世界の新興国市場から何百人もの不動産開発者や建築家が参加する報奨プログラムである。

http://www.khaleejtimes.com/biz/inside.asp?xfile=/data/uaebusiness/2014/July/uaebusiness_July117.xml&section=uaebusiness

Cityscape Global returns with double-digit growth

Staff Report / 10 July 2014

The event has been extended with two additional exhibition halls, covering more than 30,000sqm of exhibition space.

The upbeat nature of Dubai’s maturing real estate market has been highlighted by strong growth in the Middle East’s largest property showcase, Cityscape Global, with the 13th edition of the event now gearing up to host more than 250 exhibitors, an increase of 25 per cent from last year, in a significantly expanded exhibition arena.

According to the Dubai Land Department, Dh35 billion was invested into the Dubai property market during the first quarter of 2014, representing a 57 per cent rise over the same period in 2013.

Further underlining growing investor confidence, the organisers of Cityscape Global, which takes place from September 21–23 at the Dubai World Trade Centre, confirmed on Wednesday that the event has been extended with two additional exhibition halls, covering more than 30,000sqm of exhibition space.

With the real estate market continuing to gain momentum, Gaurav Shivpuri, head of Capital Markets for Mena at JLL, believes government regulations are responsible for the restoration of investor confidence in Dubai.

The increased transparency, the improving economic fundamentals, the expected growth due to the Expo 2020 win, the rise in transfer fees to reduce speculation and the regulation of off-plan sales process have all helped in reducing the perceived risk in real estate investment in the city,” said Shivpuri.

The steps taken by the government have helped regulate the market and the establishment of a rent index has created more clarity for investors — all signs of a maturing market. While the growth in values and rents in recent times have been far higher than the growth of the economy, we feel that the above steps have reduced significantly any risk of a ‘bust’, similar to what we saw in 2008.”

Supported by the Dubai Land Department, Cityscape Global is the annual meeting point for key real estate investors, developers, investment promotion authorities, architects, designers and other real estate professionals to drive growth in real estate investment and development across emerging markets globally. Wouter Molman, director of Cityscape Group said: “In 2013 we welcomed more than 32,000 participants from 111 countries.  Research revealed that 36 per cent of those visitors attended to look for real estate investment opportunities, of which 64 per cent were looking to invest more than $500,000. 

This year, the demand for exhibition space has been remarkable and as such, we have increased the floor area with two additional exhibition halls to accommodate as many exhibitors as possible. Cityscape Global will be the largest it has been for five years and the figures from the Dubai Land Department support our expectations for 2014.”

The property event is co-located with three dedicated conferences — the Global Real Estate Summit, Future Cities and the Real Estate Brokers Summit — expected to bring together more than 750 senior real estate professionals who will explore opportunities and find solutions to key challenges affecting the industry today.

Also running in tandem with the exhibition is the Cityscape Awards for Emerging Markets. The awards programme attracts hundreds of entries from developers and architects behind real estate developments across emerging markets globally.

Khaleej Times 7/10より引用

コメントを残す