ドバイインターナショナル空港、4月の空港利用者数前年同月より13%増加

ドバイ:今年4月のドバイインターナショナル空港月間利用者数は、カンタス航空が乗り入れを始めた昨年同月から13.7%増の6,100万人を記録した。

ドバイインターナショナル空港を運営管理するドバイエアポート社によると、ドバイインターナショナル空港の利用者数が6,000万人を超えたのは、今年第一四半期のうちでこれが3回目であるという。

今年の第一四半期の総利用者数は昨年から11.9%増え2,450万人であった。ドバイインターナショナル空港は依然ロンドンヒースロー空港を差し置いて世界で最も国際旅客数が多い空港として君臨している。ロンドンヒースロー空港の利用者数は今年はじめの4ヶ月間で2,220万人であった。

20134月に、カンタス航空とエミレイツ航空が5年契約の共同運航便をスタートさせた。このことは、カンタス航空がロンドン便のハブをアジアからドバイにシフトしたことを意味している。

ドバイインターナショナル空港の4月の利用者の国籍で一番多かったのは西ヨーロッパ地域で172,223人が利用している。次いで南アジア大陸地域で166,241人の利用があった。南アジア大陸地域以外では、パキスタンのカラチとイスラマバードからの利用者数が大きく増えており2桁の伸びを見せた。

ドバイインターナショナル空港での4月の離着陸数は31,234便で、昨年同月から2.5%の増加を見せている。今年第一四半期の離着陸数は昨年比3.6%増の125,928便であった。

貨物取扱数は、41ヶ月間では昨年比3.7%増で207,317件、第一四半期では821,193件で昨年比4.6%増であった。

5月から滑走路修理のための工事が始まるため、通常営業できるのは4月が最後であった。この工事で滑走路が2本閉鎖されるため1本の滑走路のみの運行となる。720日予定の工事完了まで臨時運行での営業となる。

http://gulfnews.com/business/aviation/dubai-international-passenger-numbers-up-13-in-april-1.1339488

Dubai International passenger numbers up 13% in April

  • Published: 15:43 May 27, 2014

Dubai: Passenger numbers at Dubai International grew by 13.7 per cent to 6.1 million in April compared to the same month a year earlier when Qantas launched flights to the airport.

It is third time in four months the airport has recorded monthly passenger numbers in excess of 6 million, Dubai Airports said in a statement on Tuesday.

Over the first four months of the year, passenger traffic increased 11.9 per cent to 24.5 million. Dubai International continues to pip ahead of London Heathrow as the world’s busiest airport for international passenger traffic this year. The London airport has had 22.2 million passengers pass through year to date.

In April 2013, Qantas and Emirates started their five-year revenue and codesharing partnership that saw the Australian carrier shift its London-bound hub from Asia to Dubai. It also dropped out of its 17-year-long partnership with British Airways.

Western Europe contributed the highest passenger number growth at Dubai international in April with 172,223 passengers, followed by the Indian subcontinent with 166,241 passengers. Dubai Airports stated that growth out of the subcontinent in April was driven by double-digit increases from Karachi and Islamabad in Pakistan.

There were 31,234 aircraft landings and take offs in April, representing a 2.5 per cent increase on the same month last year. Total aircraft movements for the year are up 3.6 per cent to 125,928.

Cargo volumes were up 3.7 per cent to 207,317 tonnes in April. Year to date volumes have reached 821,193 tonnes, up 4.6 per cent.

April was the last month of full operations at Dubai International ahead of the runway maintenance works that began May. The scheduled refurbishment and upgrade work reduces the airport to a single runway as the airport’s two runways are consecutively closed. The airport will resume full operations on July 20.

Gulf News 5/27より引用

コメントを残す