ドバイインターナショナル空港、ロンドンヒースロー空港を押しのけ世界一の空港に


1292717878

2月までにドバイインターナショナル空港を利用した国際旅客の数は、ロンドンヒースロー空港に比べ200万人近く多い。

あるデータによると、2月末の時点でドバイインターナショナル空港の利用者数は13.5%増加の12,075,552人であった。一方ロンドンヒースロー空港の利用者数は2.5%増加の10,282,300人であった。

2013年のドバイインターナショナル空港とロンドンヒースロー空港の利用者数に大差が無かったことから考えると今回の結果は驚くべきことではない。

エミレイツ航空が国際便の就航先を急速に拡大し130カ国に増やしたことはドバイインターナショナル空港の発展に刺激を与えている。

ドバイインターナショナル空港を管理運営するドバイ空港は、空港収容能力を6,000万人から9,000万人に拡大しようとしている。現在はその拡大作業の途中で、年間収容可能人数は7,500万人である。

ドバイインターナショナル空港は世界で最も国際便利用者の多い空港のトップになったが、今後つらい時期が迫っている。

ドバイインターナショナル空港は、51日から720日までのおよそ3ヶ月間、計画的修復のために滑走路を閉鎖する。この滑走路閉鎖により、いくつかの航空会社が就航数の減少を決めたり、一部の便を一時的にドバイ第2の空港アルマクトゥーム空港に移す事を決めたことはドバイインターナショナル空港の能力著しく制限するだろう。

ドバイインターナショナル空港の成長を率いているエミレイツ航空は、滑走路閉鎖の間、同社の全航空機の約10%にあたる20機の航空機を飛行停止にするという。

一方、ロンドンヒースロー空港は何年もの間第三滑走路の建設をめぐるり政治的信念の問題に悩まされている。業界専門家や主要株主は、新滑走路を建設するという政治的意思の不足が空港の発展を妨げていると絶えず述べている。

ヒースロー空港のCEO退任

今週はじめ、ロンドンヒースロー空港のCEOコリン・マシューズ氏が2014年終わりに退任することを発表した。マシューズ氏は6年間勤めたCEO6月に退任するという。同氏は、CEOの役職を誰か他の人に譲るべき時が来たと述べた。マシューズ氏は6月に予定されている第二滑走路(クイーンズターミナル)のオープンを待って退任する。

http://gulfnews.com/business/aviation/dubai-international-takes-top-spot-over-london-heathrow-1.1314110

Dubai International takes top spot over London Heathrow

Published: 18:45 April 3, 2014

Dubai

Dubai International overtook London Heathrow as the world’s busiest airport for international passenger traffic just two months into the year.

Almost two million more international passengers travelled through Dubai International than London Heathrow up until February.

According to available data, passenger traffic rose 13.5 per cent to 12,075,552 passengers at Dubai International as of the end of February. In comparison, London Heathrow saw a 2.5 per cent jump to 10,282,300 passengers.

The title change is not a surprise with Dubai International passenger numbers falling just short of Heathrow’s in 2013.

Dubai’s growth has been spurred by Emirates’ rapid expansion to more than 130 international destinations. Last November, the airline posted a record fleet order of Boeing and Airbus aircraft worth $99 billion.

Dubai Airports, management behind Dubai International, is in the process of lifting the airports capacity from 60 million passengers a year to 90 million. It is currently at the midway point with a capacity of 75 million a year.

While Dubai International could hang on to its crown of world busiest airport for international passenger traffic, the coming months pose a challenge.

Dubai International will shut down a runway for almost three months from May 1 to July 20 due to scheduled repairs. The runway closure will significant cap capacity at the airport with some airlines opting to reduce flights or temporary shift part of full operations to Dubai’s current secondary airport Al Maktoum International.

Emirates, which is leading growth, will ground around 20 aircraft during the closure, roughly 10 per cent of their fleet.

London Heathrow, however, has been stuck in a political stalwart for a number of years over the construction of a third runway. Industry experts and key stakeholders have continuously said the airports growth is being hindered by the lack of political will to build the new runway.

Heathrow CEO steps down:

Earlier this week, London Heathrow chief executive Colin Matthews announced he is stepping down from his role later this year. Matthews will step down in June after six years with the airport. He has stated that it was now the right time for someone else to step into the role. Matthews will wait until the opening of Terminal Two: The Queens Terminal, which opens in June, before he steps down.

Gulf News 4/3より引用

コメントを残す