ドバイの住宅価格、2008年の最高額を超える地域が出現

dubai-real-estate-skyline

ジョーンズ・ラング・ラサール社が発表したレポートによると、ドバイの不動産価格は一部の地域で2008年に見られた最高額を超えているという。

 

ドバイ不動産市場2014年第一四半期概観のなかでの不動産コンサルタントの話によれば、UAEの住宅市場は、平均価格前年比33%アップ、平均賃料前年比23%アップによりその勢いを維持しているという。レポートでは「ほとんどのエリアでは2008年の最高額を下回っているが、一部の地域では2008年当時の最高レベルにまで達している」と述べられており、2014年残りの期間も価格上昇傾向は、その勢いは衰えるとしても、継続すると予測されるとしている。ジョーンズ・ラング・ラーサル社は、ドバイの不動産投資市場の強気傾向は続くだろうと言う。

 

ドバイ用地省は最近、ドバイにおける不動産取引総額が2012年の43,200万円から、2013年には66,300万円に増加したことを明らかにした。

 

ドバイ経済もその成長のモメンタムを継続していくと見られている。経済発展庁によると、2014年ドバイのGDPは、不動産市場の発展を主要原動力の一つとして、4.7%に成長するだろうと見ている。ジョーンズ・ラング・ラサール社のレポートでは、ドバイのオフィス市場は回復を続けており、第一四半期全の体的な利用率と使用料は上昇しているという。レポートでは「テナントの要望が条件の良い地域に集中し続けることにより、2014年の一等地の平均賃料は上昇すると予測される。そして、一等地人気が衰えることを仮定した二等地オフィス用地への人気の高まりとともに全体的な回復も見られるだろう」とも言っている。

 

ジョーンズ・ラング・ラサール社はまた、「第一四半期のモールのテナント数増加もあり、ドバイの小売市場は発展し続けている。路面店においても、新たに立ち上げられる数々のプロジェクトの影響を受け、客数の増加が期待できる」とも言っている。

 

レポートでは、UAEのホテル産業の継続的な好景気は観光客の増加に支えられていると付け加えられている。2月までの客室利用率は88%に達し、政府が更なる観光客を呼び込みホスピタリティ産業の多角化を実現するための新たな構想を導入したことで、ホテル産業は好調な売上げと発展を維持していくと予測される。

 

http://www.arabianbusiness.com/dubai-house-prices-exceed-2008-peaks-in-some-areas–545447.html

 

Dubai house prices exceed 2008 peaks “in some areas”

 

Monday, 7 April 2014 2:01 PM

 

Property prices in some areas of Dubai have now exceeded previous peaks seen in 2008, according to a new report by Jones Lang LaSalle published on Monday.

 

The real estate consultancy said in its Dubai Real Estate Market Overview Q1 2014 that the emirate’s residential market maintained its momentum with average prices increasing 33 percent year-on-year, with average rents improving 23 percent.

 

“While the market remains shy of its 2008 peaks in most locations, prices in some areas have now reached peak levels,” the report noted, adding that prices are expected to continue their upward trend over the remainder of 2014, but at a slower rate.

 

Jones Lang LaSalle said activity in Dubai’s real estate investment market “remains strong”.

 

Dubai Land Department recently revealed that the total value of real estate transactions in Dubai rose from AED154 billion in 2012 to AED236 billion in 2013.

 

Dubai’s economy is also expected to sustain its growth momentum. According to the Department of Economic Development, the GDP of Dubai will grow 4.7 percent in 2014, with real estate one of the main drivers.

 

The report said Dubai’s office market sustained its recovery as overall occupancy rates and prices increased during Q1.

 

“With occupier demand continuing to be focused on good quality space, average rents in prime locations are expected to increase with 2014 seeing a broader based recovery with increased interest in secondary office locations given the declining choice in prime locations,” the report added.

 

Jones Lang LaSalle also said Dubai’s retail market continues to improve, registering rental growth in both primary and secondary malls during Q1. “Street shops also continue to witness popularity with a number of new project launches,” it said.

 

The report added that the emirate’s hotel sector maintained its strong performance supported by a growing number of tourist arrivals. Year-to-February saw occupancy rates reached 88 percent and the report said the sector is expected to maintain its positive performance and growth, as the government introduces new initiatives to attract further tourists and diversify the hospitality sector.

 

Arabian business 4/7より引用

 

コメントを残す