ドバイのエマー(Emaar)社、2014年内に株価が2倍に上がる理由


「だから言ったでしょう」といえるチャンスはそう多くはない。そう言える機会というのは非常に珍しく、どういう場合であっても、そういった発言をすることはうぬぼれていて、思い上がった、傲慢な感じに聞こえるものである。

それでも私はあえて「だからそう言ったでしょう」と言う。1年前のちょうどこの日、「エマー社の株価はどこまで上がるのか?」と言う題の記事を書いた。私は、当時110円であったエマー社の株価は上がる一方で、1年以内に2倍以上の価格になるだろうと提示した。「基本的な理念、近年の経緯、そして現在の勢いからしても、これからの1年でエマー社の株価が276円を超えても驚くべきことではない」と書いた。そのような大胆な予測はそうそう受け入れられるものではない。エマー社が1年で株価を2倍にするなどと言う予測に対するアナリストからの非難の電話や怒りや反感のメッセージ少なくなかった。

しかし、株価が250円の大台を上回り年間変換率は80%にまで上がりその予測はほぼ現実となった。約15,000億円の時価総額は再度世間の注目を集め始めた。

次の1年で何が起こるのか?来年の32日にはエマー社はどうなっているのか?今回も私はあえて冒険して、株価470円~550円と言う大胆な予測をたてる。現在の株価の約2倍以上である。私がこれだけ自信を持ってこの予測を立てられるのには多くの理由がある。まずはじめに、2013年度の業績を詳しく見てみると2012年の暮れにエマー社を勢いづけた出来事が今尚続いていて、更に勢いづいてさえいることが分かる。最も重要なことは、経常収益が成長し続けていることで、株式市場で優位となることである。

2013年エマー社の賃貸業と小売業の収益は前年比21%増の740億円であった。この収益増加はドバイモールが7,500万人の来場者数を記録したことによるところが大きい。現在、ドバイの高級品の半分以上はドバイモールで売られている。次に、2012年度から経常収益12%増の412億円を売り上げた12のリゾートホテルがある。

私は、将来的には、ドバイインからも多くの収益がもたらせると見ている。これは、より庶民的な宿泊施設である。2020年のワールドエクスポで2,000万人の観光客がドバイを訪れることを考えると、ビジネスモデルとしては非常にすばらしいものになり得る。

更に、ほとんど注目されずにきたことだが、エマー社がドバイでの新しいプロジェクトを着々と展開していることである。この記事を書いている現在までの時点で2014年がスタートして以来ほぼ1週間に1プロジェクトのペースで進めている。そして、それらのほとんどが発売開始数時間以内に完売し、今後もこのペース維持されていくと言う。2013年の総収入が不動産ビジネスだけでも1,500億円(そのうちわずか11%がUAE国外からのものである)であると言う事実を考慮すれば、着手されているプロジェクトの数からも、今年の収益が更に大幅な成長を見せるだろうと言う予測は難しいことではない。もちろん、今年のある段階でエマー社が小売・宿泊サービス業を分離独立させ、それにより同社の市場価格が著しく上がるという可能性もまだある。

そして最後に、世界市場全体における急騰、そしてドバイにおける不動産部門の他を凌ぐ程の躍進が揚げられる。これで事情はお分かりいただけただろう。私の考えでは、201532日にはエマー社は3兆円規模の企業になりかけているであろう。私はまたしても見当違いなことを言っているだろうか?1年後に結果が分かるであろう。

 

http://www.arabianbusiness.com/why-emaar-s-share-price-will-double-again-in-2014-540612.html

Why Emaar’s share price will double (again) in 2014

Saturday, 1 March 2014 10:28 AM

It’s not often I get the chance to say “I told you so”.  It happens very rarely, and in any case, to do so would sound smug, pompous and arrogant.

But I told you so. Exactly a year ago to this day, the headline on this page screamed “How high can Emaar’s shares go?” I suggested that the current price of AED4 was heading only one way, and within the next twelve months, could more than double.

Given the fundamentals, recent history and current momentum, don’t be surprised to see the price cross AED10 in the next twelve months,” is what I wrote.

Such a bold prediction didn’t go down too well. There was no shortage of analysts calling to berate me, and many others emailing their anger and disgust that anyone would dare suggest Emaar could double its value in one year.

Well it has pretty much done that, with the one-year return on the shares now up 80 percent as they cross the AED9 mark. The market cap of around $15bn is starting to look interesting again.

So what of the next twelve months? Where will Emaar be on March 2, 2015? Well, I’m going to stick my neck out again and suggest a share price of between AED17 and AED20. That’s possibly more than twice today’s value.

There are many reasons why I am confident of this. The first is that if you look closely at the 2013 results, you see that what made Emaar so strong in the final months of 2012 continues to happen, at an even more impressive pace. Most important of all is the consistent growth in the all important “recurring revenues” (which the stock market loves). In 2013, Emaar’s leasing and retail business saw revenues rise 21 percent year-on-year to $740m. Much of this was thanks to the Dubai Mall experiencing a record 75 million visitors. Right now, more than half of all the luxury goods sold in Dubai are sold at Dubai Mall. Then there is (also from recurring revenues) the 12 hotels and resorts, which brought in $412m — a 10 percent rise on 2012.

Going forward, I think huge value will come from the “Dubai Inn” concept which targets the more affordable hotel segment. When you think of 2020, and 20 million visitors a year, this could be a real gem of a business model.

On top of this, and something that has gone almost unnoticed, is the relentless pace at which Emaar is rolling out new projects in Dubai. As I write this, it is almost one project a week so far in 2014 — seven in the first eight weeks. Most of these have been sold out within hours, and I hear that this prolific rate will continue well into 2014. When you consider that total revenues in 2013 from the property business came in at $1.5bn (and only 11 percent from outside the UAE),  you don’t need to be an overpaid analyst to work out that this year’s revenues, given the number of launches, is going to be considerably higher.

And there is, of course, still the possibility that at some stage this year Emaar could spin off its retail and hospitality businesses into a separate listing, which would significantly increase the total market value of the company.

Finally, I have not even factored in the general surge in global markets and specifically the property sector in Dubai.

So there you have it. In my opinion, On March 2, 2015, Emaar will be closing in on becoming a $30bn company. Right again or spectacularly wrong? We will find out in a year…

Arabian Business 3/1より引用

コメントを残す