ドバイのアルマクトゥーム首長、“頭脳奪還”について語る

3176733329

1444029869

記:シェイク・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム(アラブ首長国連邦副大統領兼首相、ドバイ首長国首長)

1968年、イギリスの軍隊訓練機関であるMons Officer Cadet Schoolに留学中、私は病院に行く機会があった。その病院で、驚くほど流暢はアラビア語を話す医師と出会った。話をしてわかったのだが、彼はイギリス出身ではないというので、私は彼にイギリスに留まるつもりなのかそれとも母国に戻るつもりなのかを尋ねた。すると彼はアラビア語を使ってこう答えた「食べていけるところが住むところだ」と。

彼のその言葉は長年に渡り私の脳裏に染み付いていた。なぜなら、我々の理想とする「故郷」と、優れた人材が仕事を求めて「故郷」を出ていく厳しい現実とがあまりにもかけ離れているからである。

何十年にも渡り開発国を悩ませ続けている頭脳流出現象の典型的な例が私がであったその医者であった。開発国では、国の発展と繁栄を見込んだ医師やエンジニア、そして科学者達の育成への投資をほとんどしていない。そのような国では、有能な人々がヨーロッパの国々へ移住していき国内では頭脳流出による動揺が広がっている。

もちろん、より良い生活を求め移住するのは全ての人に与えられた権利である。彼らが移住を決めた理由は明らかである。チャンスは磁石のように有能な人々を引き寄せるのである。

しかし、チャンスを生み出すためには有能な人材が必要であり、チャンスがなければ有能な人材はヨーロッパ諸国へ流出する。有能な人々が去った国では悪循環が起こっている。国連と経済開発機構のレポートによれば、仕事を求めての移住は2000年以降実に3割以上増えているという。アフリカの大卒者の9人に1人が現在ヨーロッパに移り住んでいるという。そしてその多くが永住するという。特殊技術を持つ人であれば、そうでない人に比べ6倍も永住を決める確率が高いという。

しかし現在注目すべきことが起こっている。いくつかの国で頭脳流出の逆流が起こっている。その理由は人をひきつけ、悪循環は止められるという明るい見方をできる根拠となり、先進国と開発国の間での希望とチャンスのバランスを変えていくものである。

世界最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス企業LinkedIn(リンクドイン)の調査によると、同社サービス利用者の中でネット技術者達の移住に関する統計を取ったところ、わが国UAEが移住先として最も人気が高かったという。2013年の労働人口からみてみると、ネット技術者人口が1.3%増加している。ネット技術者のその他の移住希望先としては、サウジアラビア、ナイジェリア、南アフリカ、インド、ブラジルが上げられる。

興味深いことに、先進国への移住希望数は全体の1/3以下であった。この調査において、有能技術者をもっとも多く送り出す国はスペインで、その後にはイギリス、フランス、米国、イタリア、そしてアイルランドと続く。つい最近まで我々の国の有能技術者達が移住先として選んでいた経済発展国は、今や我々の国に優秀な技術者を送り込む側となった。

もちろんこのことは単なる調査の結果であり、いまだに慢性的な頭脳流出に苦しむ貧しい国々はたくさんある。経済開発機構のデータによれば、アフリカとラテンアメリカの多くの国々では大卒者の半分が国を出て移住するという。

ビジネスチャンスと並んで国内の安全や安心も頭脳流出を促す要因となることは明らかである。紛争や国家不安に悩まされる中東の国々でおこっている悲劇の一部は、国内問題を解決へと導き、平和と発展を築き上げる力となりうる有能な若者が自国で才能を発揮できるチャンスを得られないということである。そのような国々は、いくつかの国々で実際に見られる“頭脳流出の逆流”がどのように引き起こされたのかを詳しく調べることがとても重要である。

基本的にはビジネスチャンスの必要性は大きい。有能な人材は、起業しやすく、海外投資を惹きつけ受け入れる態勢が整い、しっかりとした助成制度のある経済発展の環境が整った国へ自然と流れ込んでいく。有能な人材はチャレンジとチャンスに惹きつけられるのである。

このような有能な人材を惹きつけるチャンスはヨーロッパの国々の多くで不足してきている。それは、開発国程とまではいかないが、少なくとも、確固たる行政機能の遂行と国際競争力の向上を目指す姿勢と決意を持つ国に比べればあきらかである。

そして、クオリティー・オフ・ライフに関する点は非常に大きい。10年前、技能者達にとってヨーロッパ以外の国で働くことは“左遷”を意味するようなものであった。しかし今や状況は変わりつつある。たとえばUEAでの生活水準は世界的に見ても限りなく最上位に近いものである。我々は、“頭脳流出の逆流”を引き起こすことは、その国に住む人々の生活をより良いものにしていくことであもあるということを証明している。結局のところ、幸福な暮らしを築き上げることが良い政府の主要業務である。

UAEの例は中東の国々、特に長年に渡る紛争と絶望がハイレベルの頭脳流出を引き起こしている国にとって大きな希望となる。私は、良い政府に加え、草の根的な開発やビジネスチャンスがアラブ世界での意見の対立や紛争に対する最善の解決策であるということを絶えず言い続けてきている。UAEは、有能な若者を海外へ流出させていた流れを止め更に彼らを取り戻すことが可能であるという例を示したのである。

もうひとつの希望は、頭脳流出の逆流が目を見張るほど短期間に起こるということである。調査によれば、小さな国でさえ頭脳流出に悩まされているという。しかし、我々UAEのような小さな国であっても、あるいは紛争によって分裂した地域であっても、ビジネスチャンスを作り出す努力をする価値はある。

はっきりとい言えることは、頭脳流出の逆流を引き起こすということは、ただ単に自国の有能な人材の海外流出を止めることだけに留まらないということである。悪循環を逆転させ善循環に変えるのである。世界中から有能な人材を惹きつけ、活発で多様性に富んだ社会を築き上げ、革新と繁栄を促進するのである。そしてその結果、更に有能な人材を惹きつける。

この善循環化を実現するには、国民を信じることが必要だ。人々のアイディア、革新、夢、そして、つながりは明るい未来を築き上げる力の源である。この意味で、“頭脳奪還”は、それ自体では完結せず発展の大きな目安となる。なぜなら人々の気持ちが明るく前向きなものになれば、その先にすばらしいことが起こるからである。

http://gulfnews.com/news/gulf/uae/health/dubai-to-be-world-medical-tourism-hub-1.1344579

Mohammad Bin Rashid writes on ‘The Brain Regain’

By Shaikh Mohammad Bin Rashid Al Maktoum

Published: 02:00 June 9, 2014

In 1968, while studying at the Mons Officer Cadet School in the United Kingdom, I needed to visit a hospital. There I met a doctor who, to my surprise, spoke fluent Arabic. I learned that he was new to the UK, so I asked if he intended to stay long or return home. He replied with an Arabic saying that translates as: “My home is where I can eat.”

That doctor’s words stayed with me for many years, because they underscored the contradiction between our idealised view of “home” and the harsh realities of life that push talented people to leave.

The doctor was a classic case of the “brain drain” phenomenon that has afflicted developing countries for decades. These countries spend scarce resources educating doctors, engineers, and scientists, in the hope that they will become engines of prosperity. Then we watch with dismay as they migrate to the West, taking with them the promise of their talent.

It is, of course, everyone’s right to choose a better life, wherever in the world they wish. We understand why they go. Talent is drawn – like a magnet – to opportunity.

For the countries left behind, however, it feels like an endless vicious cycle: they need talent to create opportunity; but without opportunity, talent gravitates to the bright lights of the West. Indeed, the United Nations and the OECD report that migration for work has risen by one-third since 2000. One in nine university graduates from Africa now lives and works in the West. Many will not return: skilled workers are six times more likely to stay away.

But now something remarkable is happening: in some countries, the brain drain has reversed its flow. The causes are fascinating, and there is reason to be optimistic that the vicious cycle can be broken, transforming the balance of hope and opportunity between developing and developed economies.

A new study by LinkedIn, the world’s largest online professional network and recruitment platform, has measured the net international movement of talent among its members. Topping the list as a destination for talent is my own country, the United Arab Emirates, with a net talent gain of 1.3% of the workforce in 2013. Other net “talent magnets” include Saudi Arabia, Nigeria, South Africa, India, and Brazil.

Most interesting, fewer than one-third of net talent importers are developed countries. In fact, the top talent exporters in this study are Spain, the UK, France, the United States, Italy, and Ireland. Rich countries that until recently had been tempting away our brightest minds are now sending us their own.

Of course, this is only one study, and many poor countries still suffer from a chronic talent exodus. OECD data show that many countries in Africa and Latin America have migration rates for graduates above 50%.

We do know that brain drain is often a function of safety and security as much as economic opportunity. Part of the tragedy playing out in Middle Eastern countries beset by conflict and instability is that if only their most talented sons and daughters could apply their skills at home, they would become part of the solution: agents of peace through development. This makes it all the more important to examine how some developing countries succeeded in reversing the outward flow.

The basic ingredient is opportunity. Talent flows naturally to countries that create an environment for economic growth; that make life easy for enterprise; that attract and welcome investment; and that nurture a culture of achievement. Skills are attracted to challenge and possibility.

Opportunity on this scale is becoming a scarce commodity in many parts of the West. Not so in the developing world – at least among countries with the appetite and determination to deploy strong governance and continually raise their competitiveness.

Second, quality of life matters greatly. A generation ago, many talented individuals would consider working outside the West a “hardship posting.” Today, standards of living in the UAE, for example, are among the highest in the world. We have shown that the business of reversing the brain drain is also the business of creating a better life for citizens and residents. Building happiness is, after all, the primary business of good government everywhere.

Ours is a story of great hope for the Middle East in particular, where generations of conflict and despair have driven high levels of outward migration. I have always argued that, besides good governance, the best solutions to the divisions and strife of the Arab world lie in grassroots development and economic opportunity. Now, we have shown that it is possible to reverse the forces that had driven away our most talented young people.

Another source of hope: this turnaround can happen remarkably quickly. Research shows that small countries suffer disproportionately from brain drain. But we have shown that even for a small country like the UAE, and even in a region divided by conflict, it is worth building an island of opportunity.

But let me be clear: reversing the brain drain is about more than plugging a leak. It means flipping a vicious cycle into a virtuous one. By attracting the best talent from around the world, we can create a vibrant and diverse society that fuels innovation and prosperity – which in turn attracts still more talent.

To make this work, we must believe in people. Human beings – their ideas, innovations, dreams, and connections – are the capital of the future. In this sense, the “brain regain” is not so much an achievement in itself as it is a leading indicator of development, because where great minds go today, great things will happen tomorrow.

His Highness Shaikh Mohammad Bin Rashid Al Maktoum is the Vice-President and Prime Minister of the UAE and Ruler of Dubai.

Gulf News 6/9より引用

コメントを残す