ドバイがスマートシティを目指す理由 <前半>

ドバイのSheikh Zayed Road、スマートフォンが公共の高速wi-fiネットワークにつながり最寄の駐車場を見つけてくれる。

車を降りる時、eガバメント(業務の電子化を高度に進めた政府機関)のスマートフォンアプリで登録されているので、夕暮れで辺りが暗くなりつつある中センサーが車を感知し街灯が点灯する。

道路わきでは、地中に埋められたセンサーが必要に応じて水と肥料を与えることで青々とした緑が茂っている。

スマートフォンアプリで予約した健康診断に向かう時も、指先で渋滞のない一番良い道を選び時間通りに病院に到着する。

ようこそドバイ“スマートシティ”へ。

政府プロジェクトとして201310月に発表され、ドバイを始め、中東のいくつかの都市は将来的なスマートシティへの移行を確信している。サウジアラビアやカタールのいくつかの都市でも注目すべき計画が推進されている。

IBMのスマートシティ担当ジェネラルマネージャーMichael Dixon氏によれば、スマートシティというコンセプトはテクノロジーを駆使して効果的で費用対効果のあるサービスを提供するものだという。

ドバイを訪れていたニューヨーク在住のあるオーストラリア人は、「インターネットやスマートフォンが持つユビキタス(至るところにある)な性質とあらゆるプライベートサービスのために開発されたアプリが人々の期待のレベルをより高いものにしている。彼らは行政の活動や命にかかわる重要な手続きがもっと効果的に管理されることを望んでいるのだ」と語った。

「人々はよりレベルの高いサービス、経済効果、行政サービス間の統合、公共部門と民間部門の統合、そして生活の中での様々な物事を効率的に管理すること、たとえばそれが行政的な義務なのか、それとも地域活動への参加に関するものなのか、あるいはまた消費者として受けるサービスなのかなど、を望んでいる。

Booz & Company社によれば、デジタル都市への移行によりドバイは今後5年間の間に5,500億円のGDP成長と27,000の新たな雇用創出が可能になるだろうという。

IT最大手のCiscoが語るところによれば、インターネットは“公開性の原則”により過去20年の間にエコシステムとして広く行き渡ったのだが、それと同じ原則が今、人と製品、サービス、情報をつなぐネットワーク基盤を構築し成長させるものとなろうとしているという。

CiscoUAE担当責任者 Rabih Dabboussi 氏の説明によると、次なるステップとしては、今までは主にeコマースを含むさまざまなビジネスにかかわる人同士のためのコミュニケーション基盤であったインターネットを世界中の全てのものがつながるネットワークとしていく「Internet of Everything」の時代へと移行していくことである、という。

同氏はまた、現在世界中でインターネット上に30億から35億の人々(地球上の人口の約半分)が70億から75億のコネクションを作り上げている。2022年までには、大きいものでは原子力発電所や生産工場、小さいものでは植物の発育を管理するために地中に埋められたセンサーまで、あらゆる機械や端末からの無数の接続によりインターネットへのコネクションの数は500億に増えるだろうとも語った。

ドバイのシェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム首相はドバイのスマートシティへの移行によりドバイ政府の提供する行政サービスを「利用しやすく、簡潔で便利」なものにし、国民がスマートフォンを使って役所の各部署と「一年中いつでも」やり取りできるようになることを目指している。

Dabboussi氏が語ったところによれば、ドバイインターナショナル空港での指紋認証や虹彩認証、無人運転メトロ、Sheikh Zayed RoadETCシステム、そして最先端のブロードバンドネットワークなど、既にドバイの様々な場所でスマートシティ化が進んでいるという。様々な政府機関や駐車場に関するeガバメントサービスも提供されており、そのサービス利用料はスマートフォンや携帯電話で支払うことができる。

しかし、別の国でのプロジェクトを取り入れたり参考にすることで「よりスマートな生活、よりスマートな経済活動、よりスマートな観光事業」へと改善する余地は残っている。

ドイツハンブルグでは、世界中で90のスマートシティプロジェクトを手がけるCiscoが、渋滞管理や水道メーターの自動化といった「Internet of Everything」を実装するために同社の「Smart+Connected(スマートでかつ接続されたコミュニティ)」のビジョンに対応したシティーwi-fiを活用している。

また、スペインバルセロナのボルン地区では、スマートセンサーが気温、騒音、湿度、ガス、粉塵などの環境数値をリアルタイムで報告し、処置が必要なレベルを感知すると警報を鳴らすというシステムが実装されている。また、スマートフォンアプリを使って空きのある駐車場を案内するスマートパーキングセンサーや、ごみがいっぱいになったりしきい値を超える悪臭を発しているとことを知らせるゴミ箱用センサーも使われている。

ニースでもまた革新的なスマートシティプロジェクトが実装されている。人や動物の動きを感知し街灯を点灯するスマートストリートライトセンサー。ニースではこのセンサーがビクトルユーゴー大通り(Boulevard Victor Hugo)沿いの約730メートルにわたり街灯に取り付けられている。この大通りは別名「接続された大通り(connected boulevard)」と呼ばれており、200箇所に取り付けられたワイヤレス機器やセンサーから集められたデータを交通量や街灯の監視またごみを管理し環境をまもるために使われている。

Dixon氏によれば、オランダのように、国内での重要な問題である洪水を緩和するためのシステムとしてスマートシティ技術を使用している例はこの技術をもっとも有効的に使っている例だという。日本では、福島原子力発電所のメルトダウン後に各所の原子力発電所が稼動停止となりエネルギー問題が浮上している。中国では、輸送や人口過密にかかわる問題に直面しており、空気汚染などの環境問題も深刻化してきている。また、アフリカは食糧安全保障の問題に関心を示しているという。

(後半に続く)

 

 

http://www.arabianbusiness.com/why-is-dubai-aiming-become-smarter-city–536746.html?page

 

Why is Dubai aiming to become a smarter city?

 

By Beatrice ThomasFriday, 31 January 2014

 

Exiting Sheikh Zayed Road in Dubai, an alert chimes on your mobile phone, which is tapped into the citywide high-speed wi-fi network, directing you to the nearest parking space.

 

Stepping out of the car, which has been registered using an e-government smartphone application, the street lights suddenly switch on after detecting your presence against the fading daylight.

 

On the verge, the grass is lush and green thanks to in-ground sensors that direct water and nutrients when needed. The rubbish bins are clean, having been emptied as soon as sensors detect they are full.

 

Heading to a healthcare appointment, again booked via another smartphone app, you arrive on time with traffic conditions from home to the clinic at your fingertips the entire journey.

 

Welcome to Dubai as a ‘smart city’.

 

Announced as an official project in October last year, Dubai is one of several Middle Eastern cities surging towards a smarter future, with other notable projects taking place in parts of Saudi Arabia and Qatar.

 

According to IBM general manager, Smart Cities, Michael Dixon, smart cities as a concept is about using technology to create “efficient and cost-effective services”.

 

The ubiquitous nature of the internet and mobile phones and their application for use in all manner of private services has increased the level of expectation of people, who expect their city activities and the important aspects of their lives to be managed just as effectively,” the New York-based Australian tells Arabian Business during a visit to Dubai.

 

 

 

People want to see high level of services, economic efficiency, integration between government services, integration between public and private sector and an ability to manage aspects of your life — whether it’s the obligations to government or your participation in a set of community-related activities or whether it’s your use of a consumer-based service.”

 

 

 

However, according to Booz & Company, Dubai’s shift to a digitised city could also yield a potential increase in GDP of $5.5bn within five years, with 27,000 extra jobs created over that time.

 

IT giant Cisco says the same “principles of openness” that have made the internet a thriving ecosystem for the past 20 years are what will create and grow a networked platform for connecting people with products, services and information.

 

The next phase is to take the internet from a platform of connectivity and communication, which was mainly in the form of people connected to e-commerce and other businesses but also connected together, to an era we call ‘the internet of everything (IoE)’,” Cisco managing director UAE Rabih Dabboussi explains.

 

He says there are about 7-7.5 billion connections to the internet worldwide today made by an estimated 3-3.5 billion people — about half the planet’s population. However, this is expected to grow to some 50 billion connections by 2022, with the bulk of the extra connections to come from machines — everything from big, nuclear and manufacturing plants to tiny sensors implanted in the ground to feed data about soil conditions.

 

 

 

For Dubai Ruler HH Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum, the move to smart cities is aimed at making government services “accessible, quick and efficient” with the public able to deal with departments using their smartphones “any time, any day of the year”.

 

Dabboussi says in many ways Dubai is already there, with fingerprint and iris scanners at Dubai International Airport, a driverless metro system, electronic toll gates on Sheikh Zayed Road and a state-of-the-art broadband network. It also has e-government smart services for a variety of agencies and parking that can be paid for via mobile phones.

 

However, it has the capability to improve using some or all of the projects being implemented elsewhere around the world to meet its smart city aims of a “smarter life, smarter economy and smarter tourism”.

 

In Hamburg, Germany, Cisco — which is involved in 90 smart city projects worldwide — is using Smart+Connected city wi-fi to drive IoE innovations such as traffic congestion management and automated water metering.

 

In the Born district of Barcelona, Spain, these environmental smart sensors report real-time variables such as temperature, noise, humidity, gas and dust-particle concentration, generating alerts when action is required. Smart parking sensors are also used to help drivers locate available parking spaces via a smartphone app, while sensors in waste containers signal when they are full or are emitting odours above a threshold.

 

 

 

Other innovations include smart street lighting sensors, which can detect and respond to movement from people and animals. In Nice, this is being applied along the 800-yard Boulevard Victor Hugo, a so-called ‘connected boulevard’ where 200 wireless devices and sensors gather data used to monitor traffic, lighting, waste management and the environment.

 

Dixon says the most successful projects are linked to a “burning issue” such as in the Netherlands where technology is being used for flood mitigation. In Japan the focus is on energy after the closure of several nuclear reactors in the aftermath of the Fukushima plant meltdown. China is tackling issues around transport and congestion and, increasingly, environmental problems such as air quality, while Africa is interested in food security, he says.

Article continued on next page…

 

 

 

コメントを残す