ドバイ、イスラム経済の中心に

上級政府高官の話によると、今や世界の主要な金融ハブのひとつとして知られているドバイは今「イスラム経済の中心地になる」という目標に向かっているという。

このビジョンは20131月に、ドバイ首長・UAE副大統領兼首相であるシェイク・モハンメド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム首長により発表された。昨年10月には、シェイク・モハンメド首長はこのビジョンに関する戦略的プランを発表した。そのプランには7つの主要な柱と46の戦略的取組みが含まれている。

昨年11月にドバイ官庁とトムソン・ロイター社が公表したレポートでは、世界的なイスラム経済における「とてつもなく大きな可能性」が強調された。報告書では、イスラム経済の市場は670兆円規模で、アメリカや中国よりも大きな市場であると言うことが明らかにされた。ドバイイスラム経済発展センターDIEDC)長官Abdulla Mohammed Al Awar氏は「ドバイにはこの上なく強固なインフラが基盤として存在し、我々の取組みはこの基盤のおかげで期限内に達成されることを確信している。」 と語った。

Al Awar氏によると、DIEDCは、政府が発表した7つの主要な柱からなる戦略的プランを推進し、期限内にドバイをイスラム経済の中心にしていくことを期待されているという。

昨年12月、Al Awar氏はDIEDCCEOに就任した。このAl Awar氏のCEO就任は、DIEDCの設立に関する2013年法規第13号と、総務省長官Mohammad Abdullah Al Gergawi 氏率いるDIEDC役員会設立に関する2013年法令第42号をシェイク・モハンマド首長が発布したあとに決定された。

Al Awar氏は、これらの取組みを誰が実行していくかを明確にすることが重要であるという。そして「つまり、これからの我々の仕事は政府組織と連携してこれらの取組みを実行していくことである。」と付け加えた。DIEDCはまた、新たなアイディアを評価していき、役員会では新たな取組みの採用を決定していくことになる。

2013年法令第42号では、DIEDCの基本的な目的が詳しく述べられており、DIEDCは法人格を有し金融および行政独立性を有し、さらにセンターの設立目的を遂行するために必要とされる活動や実行の全てを指揮する権利能力を持つという。その活動および実行には、ドバイをイスラム経済の中心地に押し上げるためのプロモーション、財貨金融セクターそしてドバイ経済を支える大きな柱である非金融セクターにおけるイスラム法規に適合した経済活動のプロモーションが含まれる。

DIEDCの主要目的には、シャーリア(イスラム教の法規)に準拠した財貨金融サービスおよび非金融サービスのメインセンターとしてイスラム地域および世界全体にドバイをプロモーションしていくこと、イスラム経済活動についてのデータベースの構築、そして、関連したイスラム経済紛争の調停への援助促進が含まれる。

AlAwar氏は可能性のある様々な策が準備されており時が来れば発表されるだろうと述べた。「世界的なイベントに合わせてそれらの取組みを発表していくことが重要である」と同氏は説明した。

Al Awar氏によれば、新たな取組みの発表以来、ドバイ・グローバル・スクク・センターやドバイイスラム金融センター、イスラム経済世界サミット、イスラム経済賞など、多くの取組みが既に実行されているという。Al Awar氏はまた、7つの柱についての重要な要点を強調した。この7つの柱には、イスラム金融、ハラル産業、ハラル観光業、イスラムデジタル経済 の世界的中心、イスラム芸術デザインの中心地、イスラム経済の基準と認可の中心、イスラム情報・教育の世界的中心としてのドバイを創立していくことが含まれる。

ハラル製品は、イスラム教以外のコミュニティーにおいても、その栄養価の高さや健康的なスタンダードに基づく食品、化粧品、その他の製品として今までよりも知られるようになって来ているとAl Awar氏は語る。

ハラル製品の流通は、年間4.8%以上の割合で成長し続け、2020年までに640兆円規模の市場にまでなると言われている。そして同時に290兆円の投資チャンスを生み出すと予測される。

 

http://www.khaleejtimes.com/kt-article-display-1.asp?xfile=data/uaebusiness/2014/April/uaebusiness_April329.xml&section=uaebusiness

Dubai on track for ‘capital of Islamic economy’

Abdul Basit / 22 April 2014

 

Dubai, which is already known as one of the leading financial hubs in the world, is on track to achieve the targets to become ‘the capital of the Islamic economy’, according to a top government official.

In January 2013 this vision was announced by His Highness Shaikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum, Vice-President and Prime Minister of the UAE and Ruler of Dubai. Last October, Shaikh Mohammed unveiled a strategic plan in this regard for the emirate. The plan includes seven key pillars and 46 strategic initiatives.

Last November, a report published by the Dubai authorities and Thomson Reuters underlined what was called a “tremendous opportunity” in the global Islamic economy. The study found that the market has a potential value of $6.7 trillion, bigger than the US and China.“Dubai has extremely strong infrastructure as a foundation and we are confident that this foundation will help us to achieve these initiatives within the timeframe,” Abdulla Mohammed Al Awar, chief executive officer, Dubai Islamic Economy Development Centre (DIEDC), told Khaleej Times on Monday.

DIEDC is expected to appreciably advance the Emirate’s seven-pillared strategy to establish itself the capital of the Islamic economy within the given time-frame, according to Al Awar.

Last December, Al Awar named CEO of DIEDC. The appointment decision comes after Shaikh Mohammad issued law No 13 for 2013 regarding the establishment of the Dubai Islamic Economy Development Centre and decree No 42 for 2013 regarding the formation of its board of directors to be chaired by Mohammad Abdullah Al Gergawi, Minister of Cabinet Affairs.

It is important to highlight that who is going to implement these initiatives, Al Awar said, adding: “So our work in the future will be to coordinate with government bodies to implement these initiatives.” The DIEDC will also assess any new idea and its board will determine the adoption of the new initiative.

Law No 42 of 2013 details the basic objectives of the Center, which will have legal personality and financial and administrative independence as well as the legal capacity necessary to direct all actions and behaviours to achieve the goals of the Center, including promotion of the Emirate of Dubai to become the global capital of Islamic economy, promotion of economic activities compatible with Islamic law in goods and financial services sectors, as well as the non-financial sector as a main pillar on which the economy of the Emirate is based.

The key objectives of the Center include promoting Dubai regionally and globally as a main center for Shariah-compliant goods and financial and non-financial services, building a database on Islamic economic activities and encouraging recourse to arbitration in related Islamic economic activities disputes.

Al Awar mentioned that various potential launches are lined up but will be announced at the right time. “It is important to associate the launch of initiatives with global events,” he explained.

He said that since the announcement of this new initiative, many of these initiatives have already been launched such as the Dubai Global Sukuk Centre, the Dubai Center for Islamic Finance, the Global Islamic Economy Summit and Islamic Economy Award. He also highlighted important features of the seven pillars. These pillars include the establishment of Dubai as an international center for Islamic finance, Halal industries, Halal tourism, the Islamic digital economy, the capital of Islamic art and design, a center for Islamic economy standards and certification, and international center for Islamic information and education.

He mentioned that Halal products are becoming more popular in non-Muslim communities, for their nutritional value, and observance of good health standards in food products, cosmetics, and others.

It is estimated that trade in halal products will continue to grow at rates more than 4.8 per cent on annual basis and expected to reach about $6.4 trillion by 2020, creating investment opportunities estimated at $2.9 trillion.

Khaleej Times 4/22より引用

 

コメントを残す