ドバイ、アブダビのホテル2014年好調なスタート


4281402867

ドバイ:TRIホスピタリティ・コンサルタントが発表した調査報告によると、ドバイとアブダビのホテル業界は、好景気に沸く旅行産業の影響を受け20141月に好調な客室稼働率を記録したという。

1月のホテル客室稼働率はドバイで1%ダウンで86.3%とわずかばかり下がったが、アブダビでは5.4%アップの74.7%であった。

ドバイでの平均客室宿泊料は10.8%アップの4万円、一方、販売可能客室売上げは、9.5%アップで34千円であった。

1月は大きなレジャー需要を支えに、ドバイのホテルでは平均客室宿泊料も好調に伸びている」TRIホスピタリティ・コンサルティング社のピーター・ゴッダード氏は語る。

また同氏によると、クリスマスやお正月と言うイベントがある1月には、ロシアや独立国家共同体(CIS)からの多くの観光客がドバイを訪れたという。

また、1月から2月にかけて開催されたドバイ・ショッピング・フェスティバルには、湾岸強力会議諸国や東アジアの人々が多く訪れたという。

ドバイ国際空港の1月の利用者数は約640万人で、1年前の同じ時期と比べ15.1%アップしている。

一方、アブダビのホテルでは、平均客室宿泊料が6%アップの16500円で、 販売可能客室売上げは16%アップの12300円であった。

平均客室宿泊料の増加は主に、アブダビHSBCゴフルチャンピオンシップ大会やアブダビ・サスティナビリティ・ウィーク開催によるところが大きい。

「アブダビのホテルでは毎年1月に非常によい業績を記録するのが典型的なパターンであり、今年も例年同様、全ての主要数値で継続的な成長が見られた。」とゴッダード氏は語った。

アブダビ国際空港では1月に約156万人の利用者を記録した。昨年の同じ時期には約136万人の利用者であった。

ドーハのホテル客室稼働率は10.9%アップして70.5%、リヤドでは3.9%アップの58.1%である。しかし、湾岸強力会議諸国のそのほかの国々では、ホテル客室稼働率は下がっている。クウェートでは8%ダウンの51.8%であった。

Hotels in Dubai and Abu Dhabi start 2014 with positive performance

  • Published: 18:15 March 6, 2014

Dubai: Hotels in Dubai and Abu Dhabi recorded strong occupancy rates in January, reflecting a buoyant tourism industry, according to the latest HotStats report, published by TRI Hospitality Consulting.

While occupancy fell marginally in Dubai’s hotels by 1 per cent to touch 86.3 per cent in January, it rose 5.4 per cent in Abu Dhabi to reach 74.7 per cent.

Average room rates (ARR) in Dubai hotels grew by 10.8 per cent to $402.15, while (RevPAR- a benchmark for performance), meanwhile, rose 9.5 per cent to $347.17.

Hotels in Dubai successfully yielded higher average rates on the back of strong leisure demand during the month of January,” said Peter Goddard, managing director of TRI Hospitality Consulting, in a statement.

Occasions, such as Orthodox Christmas and New Year, during January have helped attract visitors from Russia and the Commonwealth of Independent States (CIS) to Dubai, according to Goddard.

Meanwhile, the Dubai Shopping Festival (DSF), which was held between January and February, attracted visitors mainly from the Gulf Cooperation Council (GCC) countries and East Asia, he added.

Dubai International Airport attracted 6,400,706 passengers in January, up 15.1 per cent compared to the corresponding period a year ago.

Meanwhile, Abu Dhabi hotels’ ARR grew by six per cent to $165.07, and RevPAR rose 16 per cent to $123.37.

The rise in ARR was mainly driven by the corporate segment as a result of events that include the Abu Dhabi HSBC Golf Championship and Abu Dhabi Sustainability Week, according to the report.

January is typically a robust month of performance for hotels in Abu Dhabi and this year was no exception as continued growth was seen across all key indicators,” Goddard said.

Abu Dhabi International Airport received 1,564,266 passengers in January compared to 1,366,433 during the same time in 2013.

In Doha, hotel occupancy rates grew by 10.9 per cent to 70.5 per cent, and in Riyadh, by 3.9 per cent to 58.1 per cent. However, in other parts of the GCC, hotel occupancy rates fell. In Kuwait, it dropped by eight per cent to 51.8 per cent.

Gulf News 3/6より引用

コメントを残す