カスピ海沿岸の世界最大の人工島カザール・アイランドを作る男

700_b

インタビュー:Avesta ConcernCEO Haji Ibrahim Nehramli

Q.アゼルバイジャンの建設業界にかかわるようになったいきさつを聞かせてください。

A.私は1958年にナヒチェヴァン自治共和国で生まれ今年で56歳になります。ナヒチェヴァン国立大学の経済学部を卒業し、1991年、アゼルバイジャンが独立国家となる年に、初めての会社Ilkan LLCを設立し大きな成功を収めました。そして、1996年にAvesta Concernを設立し、現在アゼルバイジャン国内のみならず、ロシア、トルコ、アラブ首長国連邦、ポーランド、中国、そして韓国との間に経済的、文化的関係を設立し世界中で好評を得ています。ナヒチェヴァンのモスク建設や私の生まれ故郷の村の水道インフラ設備、そしてアゼルバイジャの首都バクーでの多くの住居エリアの建設など、さまざまプロジェクトを手がけてきました。また、Avesta Concernの本社ビルとして、当時バクーで初めてとなる高層ビルを建設しました。1995年から2000年までナチェヴァン自治共和国の最高評議会の議員を務めました。

Q.カザール・アイランド・ニュー・シティの建設はどのように思いついたのですか?

A.私は、世界を驚かすような近代的プロジェクトをアゼルバイジャンで実行したいといつも考えています。カザール・アイランドはその流れのひとつに過ぎません。このプロジェクトは2010年のはじめころに、私が息子との間で交わしたちょっとした会話から思いつきました。その会話の中で彼はニュー・シティーの建設をほのめかしたのです。私はそれまでにもずっとこのようなプロジェクトのことは考えていました。そしてその時実行しようと決めたのです。それから私は、人生で一番大きなプロジェクトとなるニュー・シティーのイメージを得るために様々な都市や国を歩き回りました。そして、何度か訪れたドバイで、実際にはその帰りになのですが、突然ニュー・シティーのイメージがひらめき、スケッチしたのです。当初、ほとんどの人がこの様な巨大なプロジェクトの実現は不可能だと言うなか、国の発展に前向きなイルハム・アリエフ大統領がゴーサインを出してくれました。今日、ニュー・シティーの建設工事はすでに始まっています。数棟のビルが既に建設されており、2013年までには約6000人の人々が暮らし始めることになっています。

Q.カザール・アイランド・ニュー・シティとその技術的側面についてもう少しお聞かせください。

A.カザール・アイランドはバクーから28km南に位置するビジネス・住居都市となる予定です。50の島と100の橋から成る10兆円のプロジェクトです。地質調査を実施し、世界で最も高いビルの建設を決定しました。高さ1,050mのこのビルは、隣接する6つのビルにより取り囲み支えられています。総工費2,000億円のこのビルは、現在世界最高であるドバイのブルジュ・カリファよりも220m高いビルとなります。カザール・アイランド・ニュー・シティ・プロジェクトは3つのフェーズに分かれていて、第一フェーズでは、500万㎡(東京ドーム約107個分)のエリアに6つの島と19の橋が建設される予定です。第一フェーズの建設費は12,000万円で、2016年に完成予定です。2014年には建設費2兆円の第二フェーズの建設がスタートし、続いて2017年には建設費3兆円の第三フェーズが開始されます。ニュー・シティーには、交通機関、整備された道、アミューズメントパーク、スタジアム、馬術場、ゴルフコース、レース場、空港、幼稚園、学校、大学、電力供給センターなど、全てが揃っています。これらの設備建設には約4兆円が投資されます。カザール・アイランド・ニュー・シティは2022年完成の予定です。

Q.カザール・アイランドへの海外投資を集めるために取った戦略は?

A.私は個人的にカザール・アイランド計画の資金調達に大きな責任を負っています。海外投資を呼び寄せるために現在もなお国際的な投資会議やサミットにも参加してはいますが、現在のところアラブ首長国連邦とサウジアラビアが我々のメインパートナーであると言えます。トルコ銀行もこの計画に参加していますが、カザール・アイランド計画自体が我々企業の個人的な計画ではなく、アゼルバイジャンのビジネス発展、近代化を見据えた国としての計画であるため、トルコも国全体としてもこの計画に参加しています。そして、10万世帯の外国人入居者を予定しているカザール・アイランド計画は、アゼルバイジャンの潜在的な成長可能性を秘め、更なる海外投資を引き付けるものなのです。

http://www.thebusinessyear.com/publication/article/4/837/azerbaijan-2012/dream-big-dream-tall

INTERVIEW

Haji Ibrahim Nehramli 

TBY How did you find yourself getting involved in the construction industry in Azerbaijan?

HAJI IBRAHIM NEHRAMLI I was born in 1958 in the Nakhchivan Autonomous Republic. I graduated from the Economics Faculty of Nakhchivan State University, and when Azerbaijan made its first steps to become a newly independent state, I established Ilkan, one of my first adventures in terms of ownership, and it achieved great success. In 1996 I founded Avesta Concern, and today the company has gained a strong reputation not only in Azerbaijan, but worldwide as well, as proven by the economic and cultural relations we have developed with countries such as Russia, Turkey, the UAE, Poland, China, and Korea. I have developed a lot of different projects such as mosques in Nakhchivan, water supply infrastructure in my home village, and many residential areas in Baku. Also, I built Avesta Concern’s office building, which back in the old days was the first modern high-rise building in Baku. I was Deputy of the Supreme Majlis in the Nakhchivan Autonomous Republic between 1995 and 2000.

What was the inspiration behind developing the Khazar Islands New City?

I have always tried to bring the most modern projects to our country, being a pioneer in many fields. Khazar Islands is just the continuation of such a trend. The first idea to develop such a project came in the beginning of 2010, after a little inspirational talk with one of my sons, in which he foresaw the construction of a new city. I was thinking about this project for a long time and decided to build it. I began to wander around many different cities and countries seeking out the inspiration to develop my first major project and in one of my several visits to Dubai—actually, on my way back to Azerbaijan—it came to me all of a sudden and I started drawing the first sketches of Khazar Islands New City. At the beginning, very few people believed I could develop such a large project, but President Ilham Aliyev, who is very fond of progress, gave the green light. Today, work has already started. In fact, there are a few buildings that have already been constructed, and we expect to see the first inhabitants, around 6,000 people, living there by 2013.

 

Could you tell us a bit more about the project and its technical characteristics?

The Khazar Islands project will be a new business and residential city located 28 kilometers south of Baku. It is made up of 50 islands and 100 bridges, and the overall cost of the project is $100 billion. After carrying out research on the composition of the soil in the area, we have decided to develop the tallest building in the world. At 1,050 meters it will be a business center surrounded by six adjacent buildings that will provide security and protection to the structure of such a major construction project. This building, which will cost $2 billion, will be 220 meters taller than the current tallest building in the world, which is located in Dubai. The project is composed of three stages; in the first one we will construct six islands and 19 bridges over about 5 million sqm. The cost of the first phase is $12 billion, and it will be finished by 2016. In 2014 we will start implementing the second stage of the project, with an overall cost of $20 billion, and the third phase, which will cost $30 billion, will start in 2017. The new city will have its own means of transport, countless kilometers of boulevard area and roads, an amusement park, stadium, equestrian center, golf course, rally area, airport, kindergartens, schools, universities, a power supply center, and all the facilities you can imagine. This complementary part of the project will have an approximate cost of $40 billion. Khazar Islands New City will be completely finished by 2022.

What strategies have you implemented to attract foreign investors to the project?

I, personally, have taken a big part of the responsibility of financing the Khazar Islands project. However, we have also been attending international investment conferences and summits to attract foreign investors to the project, and today I can say that our main partners are from the UAE and Saudi Arabia. Turkish banks are involved in this project, as well as the country as a whole, because this project is not about me, but about Azerbaijan, its business development and modernization, and its future potential to grow bigger and attract even more international companies to Azerbaijan, because we are planning to sell 100,000 houses to foreign residents. Overall, I think 1 million people will be living in the new city, creating around 600,000 jobs and contributing to the diversification of the Azerbaijani economy and the environment in our country.

The Business Year より引用

コメントを残す