オーストラリアのウォーリー・パーソンズ、TANAPの契約獲得

europe-190x143

ノースシドニーに本拠地を置くオーストラリアのインフラ開発企業ウォーリー・パーソンズ(Worley Parsons)が、1,841kmにおよぶトランスアナトリア天然ガスパイプラインプロジェクト(TANAP)の5年間の技術提供、調達、建設マネージメント契約を獲得した。TANAP アゼルバイジャン~グルジア~トルコを結ぶBTCパイプラインを欧州へとつなぐ延長線である。

この契約は、プロジェクト管理、調整、計画、デザイン、技術、建設マネージメント、請負、調達、プロジェクトコントロールなど、新しく建設されるパイプラインおよびコンプレッサーステーションなどを含むパイプライン関連施設の建設に関する事業のためのものある。

TANAPは、カスピ海の天然ガスをトルコを横断しグルジアとの国境からギリシャとの国境まで運ぶために設計されたもので、総プロジェクト費用はおよそ11,700万円と推定される。このパイプラインが完成すればの年間16bcm1bcm10億立方メートル)の天然ガスが運搬され、そのうちの6bcm/がトルコ国内で消費され、残りがヨーロッパまで運ばれると言う。

TANAPジェネラルマネージャーのH. Saltuk Düzyol氏は「今回の契約は、南ガス回廊への接続を成功させるためにはなくてはならない契約で、この接続はトルコとEUにおける将来の天然ガス需要に対応するためにとても重要なものであると語る。

同氏はまた、「ウォーリー・パーソンズ社はパイプライン建設に求められる事業を遂行するには適任の企業である。プロジェクトの利害関係者全てと協調して作業を進め事業目的を達成することをコミットメントしてくれている。」と語った。

ウォーリー・パーソンズ社最高経営責任者アンドリュー・ウッド氏は、将来の戦略的には非常に重要なこのパイプラインプロジェクトの契約を獲得できたことはとても喜ばしいことであり、パイプラインの運用開始が成功を収めるようにTANAPを全力でサポートしていきたいと語った。

TANAPは、80%がアゼルバイジャンの国営オイル天然ガス企業SOCAR、残りの20%がトルコ国営天然ガスパイプライン輸送企業BOTASの出資によるものである。

http://pipelinesinternational.com/news/worleyparsons_awarded_tanap_epcm_contract/087372/

WorleyParsons awarded TANAP EPCM contract

Thu, 22 May 2014

WorleyParsons has been awarded a substantial five-year contract for the supply of engineering, procurement, and construction management (EPCM) services for the 1,841 km Trans Anatolian Natural Gas Pipeline Project.

The contract is for the provision of project management, co-ordination, planning, design, engineering, construction management, contracting, procurement, project controls and other services for construction of the new pipeline and pipeline facilities, including compressor stations.

The Trans Anatolian Natural Gas Pipeline Project (TANAP) is designed to transport Caspian natural gas from the Georgia–Turkey border to Turkey’s western border with Greece, and has an estimated total project cost of $US11.7 billion. The pipeline will transport approximately 16 Bcm/a of gas, 6 Bcm/a of which will be used for Turkey’s domestic market, while the rest will continue on to Europe

TANAP General Manager H. Saltuk Düzyol said “This contract is critical to the success of this major link in the Southern Gas Corridor, which is regionally significant to meet future gas demand in both Turkey and the European Union.

WorleyParsons is well qualified to perform the required services, and has demonstrated their commitment to working collaboratively with all project stakeholders to achieve the project objectives.”

WorleyParsons’ Chief Executive Officer Andrew Wood said the company was delighted with the award of this strategically important project, and looked forward to supporting the TANAP in the successful delivery of this project.

TANAP will be 80 per cent owned by Azeri state firm SOCAR and 20 per cent by Turkey’s BOTAS.

Pipelines International 5/22より引用

コメントを残す