イギリス政府、南ガス回廊の重要性を強調

michael_fallon_080714

79日にアゼルバイジャンを訪問する予定のイギリスのマイケル・ファーロンエネルギー担大臣は、今回の訪問が南ガス回廊の重要性を強調するための大切な機会であると述べた。

 

アゼルバイジャンのイギリス大使館の報告によれば、711日までの滞在中にファーロンエネルギー担当大臣は、南ガス回廊プロジェクトについてアゼルバイジャンの主導者や政府関係者たちと会合を持つという。

 

ファーロン大臣は、今回の訪問が南ガス回廊パイプランの重要性と、パイプラインが持つイギリスのエネルギー供給の安全確保における大きな役割を再度強調する重要な機会であると述べた。

 

同大臣はまた、「現在のウクライナでおきている状況から、ヨーロッパのエネルギー供給の多様化を進めることは特に重要である。」と強調した。「最近幾度となく行われているイギリス政府によるアゼルバイジャンへの政府訪問は、我々がこの主要インフラプロジェクトの推進にかける大きな期待を強調するものである。」とも述べた。

 

南ガス回廊は、ヨーロッパの石油代替エネルギー供給源の多様化とエネルギー供給の安全確保の強化を実現し、更にアゼルバイジャンにヨーロッパにおける新たなマーケットを供給する。

 

アゼルバイジャンのシャーデニズ(Shah Deniz)天然ガス油田開発第2フェーズでの生産が南ガス回廊の主要な供給源になると期待されている。アゼルバイジャンは、現在もそして未来も、石油と天然ガスの重要なサプライヤーである。アゼルバイジャンでもっとも大きな天然ガス鉱床はカスピ海海底に存在し、特に、AGCAzeri-Chirag-Guneshli油田やシャーデニス、ウミド、アブシェロンの各鉱床などである。

 

ファーロンエネルギー大臣の報告によれば、アゼルバイジャンの現在の正確な天然ガス埋蔵量は2,6億㎥であるのに対し、石油埋蔵量は20tであるという。

 

これらの数値は、アゼルバイジャンの天然ガス産業の100年間以上持続可能な発展を保障している。

 

生産量については、アゼルバイジャンの石油生産量は2015年には5,100tになると見られている。一方、2015年の天然ガス生産量は300億㎥を超える予測である。

 

 

 

http://www.azernews.az/oil_and_gas/68726.html

 

UK minister stresses importance of Southern Gas Corridor

 

9 JULY 2014, 18:46 (GMT+05:00)

 

 

By Nigar Orujova

 

UK Minister of State for Energy Michael Fallon, who will arrive to Azerbaijan on July 9, said his visit is an important opportunity to stress the importance of the Southern Gas Corridor.

 

During the visit that is expected to end on July 11, Fallon will hold meetings with the Azerbaijani leadership and officials to discuss the Southern Gas Corridor project, the British Embassy in Azerbaijan reported.

 

This visit is an important opportunity to reinforce the importance of the Southern Corridor pipeline and the significant role it will play in ensuring Britain’s security of energy supply, Fallon said.

 

“Increasing the diversity of the European energy mix is particularly important in the context of current events in Ukraine,” he stressed. “The recent series of UK ministerial visits to the region underline the value we place on pushing ahead with this key infrastructure project.”

 

The Southern Gas Corridor is a project that will allow Europe to diversify its sources of hydrocarbon supply and strengthen energy security and enable Azerbaijan to get a new market in Europe.

 

The gas to be produced within the second phase of the Azerbaijani gas condensate Shah Deniz field’s development is considered as the main source for the Southern Gas Corridor.

 

Azerbaijan is an important current and future supplier of both oil and natural gas. The country’s largest hydrocarbon deposits are located in the Caspian Sea, particularly, the Azeri-Chirag-Guneshli (ACG) block of oil and gas fields and Shah Deniz, Umid and Absheron gas fields.

 

The Energy Ministry reports that currently the country’s proven gas reserves are at the level of 2.6 trillion cubic meters, while the oil reserves amount to 2 billion tons.

 

The cited indicators ensure future development of the gas industry in Azerbaijan for a period exceeding 100 years.

 

According to the projections, the country’s oil production will hit 51 million tons in 2015. Meanwhile, Azerbaijan’s gas production will exceed 30 billion cubic meters in 2015.

 

AzerNews 7/9より引用

 

コメントを残す