アゼルバイジャン、食糧自給率100%を目指す

manats

アゼルバイジャン政府は農業生産者に対する補助金の増額を決定した。政府報道官の発表によると、助成期間5年に設定されているという。

農業生産者への政府助成金割り当てのルールが改正され、実在する正規業者からの肥料仕入代金の70%が助成金から支払われるという。改正前は肥料購入代金の50%が助成されていた。

助成対象となる仕入費用は、ルール改正前の約6,600円から約10,600円に増額された。また、助成対象となる肥料仕入量の上限300kgのリミットが排除された。モーターオイル費および燃料費に対する助成額は、改正前のまま耕地面積1ヘクタール(1万㎡)あたり約5,300円である。

旧ソ連国家であり、すばらしい自然条件を有するアゼルバイジャンは、2007年から農業生産者に対する政府助成を開始している。

20011127日に制定された農業生産者に対する優遇税制によりアゼルバイジャンの農業生産者は地税以外の全ての税を免除されている

人口950万人のアゼルバイジャンは、2014年約27億円の国家予算を農業生産者への助成金に充てている。

アゼルバイジャンの輸出量を高めることのみならず、国内の食糧安全保障を復活させ維持していくことにとっても農業セクターは重要な分野である

国内で生産された食料品の品質と価格を安定させ品質基準に適した生産を行うことが、アゼルバイジャン国家の

食料安全性問題における第一優先事項である。

食料安全保障を強化することが国家戦略目標のひとつであることから、アゼルバイジャンはこの問題に真剣に取り組んでいる。

国家構想”2020年アゼルバイジャン、未来へのビジョン”に基づき、アゼルバイジャン政府は国内の食糧安全保障を強化し、食料品に関する海外依存度を減らしていく努力をしている。

過去5年間でアゼルバイジャン政府はこの戦略目標を達成に近づけてきた。今後数年のうちに国内消費の全てを国産の食料品で補うことができるようになると予測される。

政府による農業セクターへの巨額な投資は大きな効果を生んでいる。

現在、農業品の輸入量は徐々に減ってきている。

このように、アゼルバイジャンの食料自給率は上がってきている

また、20141月に国内の食糧市場と農業製品を更に発展させていくための制令がイルハム・アリエフ大統領により発表された。

この制令では、政府がバクのさまざまなエリアとアゼルバイジャンの主要都市で農産物の専門店とグリーンショップを運営することが定められている。

国内に農産物専門店やグリーンショップを展開することは、アゼルバイジャンの食糧安全保障政策における主要素であり、オーガニックで環境にやさしい農産物で食糧自給を行っていくことが可能となる。

 

http://www.azernews.az/business/69439.html

Azerbaijan increases subsidies for agricultural producers

6 AUGUST 2014, 13:12 (GMT+05:00)

By Aynur Jafarova

Azerbaijan’s government has increased the volume of subsidies for agricultural producers.

The validity of subsidies is set for five years, Azerbaijan’s official press reported on August 5.

The recent amendments to the rules of allocation of subsidies and grants from the state budget to the agricultural producers notes that 70 percent of the total cost of fertilizers purchased by physical and legal entities will be paid at the expense of subsidies.

Earlier this percentage was set at 50 percent.

The cost of purchase, which is subject to subsidies, is 80 manats. It earlier amounted to 50 manats. Also, the limitation of subsidizing of at most 300 kilograms of fertilizer is removed.

The volume of subsidies for the purchase of motor oil and fuel remains the same at 40 manats per hectare of cultivated area.

Azerbaijan, the post-Soviet country with excellent natural conditions and unique priorities, has been allocating subsidies to agricultural producers since 2007.

The Azerbaijani farmers are exempt from all taxes (excepting land tax) in accordance with the law on providing tax privileges to agricultural producers adopted on November 27, 2001.

Azerbaijan with a population of over 9.5 million people has allocated 20.15 million manats for farmers in the state budget of 2014.

The agricultural sector is important not only for increasing Azerbaijan’s export potential, but also for restoring and protecting the country’s food security.

Protecting the quality and price of food stuff produced in Azerbaijan and producing them in accordance with quality standards are among the top issues of the country’s food security.

Azerbaijan has adopted serious measures, because ensuring food security is one of the country’s strategic goals.

Within the “Azerbaijan-2020: Vision into the Future” concept, Azerbaijan is taking steps to ensure food security in the country, and one of the key elements of this concept is to eliminate dependence on food products imports.

The country has been able to achieve this goal over the past five years. Azerbaijan is expected to fully meet its demands through local production in the coming years.

The government’s huge investment in the agricultural sector has left bright results. Currently, the import of certain agricultural products has decreased in Azerbaijan compared with the previous years.

Thus, Azerbaijan’s ability to endure the population’s food demands and provide them with domestically produced foods has increased.

Also, Azerbaijani President Ilham Aliyev issued a decree in mid-January 2014 on taking additional measures for improving food markets and agricultural products.

The decree noted that Azerbaijan will establish a network of specialized farmer stores and ‘green’ shops which will operate in Baku’s districts and Azerbaijan’s large cities on a permanent basis.

The establishment of such specialized farmer stores and ‘green’ shops in Azerbaijan is one of the main factors of food security and will allow the country to provide its population with organic and ecologically clean products.

AzerNews 8/6より引用

 

コメントを残す