アゼルバイジャンのeガバメント化、国連調査でも評価される

UN-eGov-2014

国連が実施するeガバメント実施状況世界ランキング「国連eガバメント調査2014」でアゼルバイジャンが68にランキングされた。

このランキングでは、情報通信技術を用いたサービス提供に対する政府の意思とその実施能力を測る複合指標、eガバメント発展指数(EGDIにより各国が評価される。

2014年度の調査では約193カ国がランキングされた。

アゼルバイジャンの評価ポイントは、2012年に実施された前回調査時と比べ28ポイント上昇し、中国、トルコ、セルビアを出し抜いた。

アゼルバイジャンのeガバメント発展指数は0.5472ポイントであったと報告されている。オンラインサービスの内容に関する評価は0.4331ポイント、電気通信インフラに関する評価が0.4605ポイント、人的資本に関する評価が0.748ポイントであった。

ランキングトップ5は、韓国(0.9462ポイント)、シンガポール(0.9076ポイント)、日本(0.8874ポイント)、イスラエル(0.8162ポイント)、バーレーン(0.8089ポイント)であった。

アゼルバイジャンでのeガバメントの導入と発展は、政府行政の機能性を高め透明性を保障し煩雑な手続きを減らすことを目的としたものである。

eガバメントは、貧困を減らし、国民の生活が豊かになるような環境を提供することを目的としている。また、2008年から2015年にかけて実施される貧困削減と持続的発展のための国のプログラムに関する問題を扱う為のものである。

2012年始めにオープンしたポータルサイトは、全ての政府機関のサービスを一箇所にまとめた総合サービス窓口である。

電子デジタル署名、民間企業家の身元証明や市民証明、ログインIDとパスワード、ポータルサイトへの登録後電子データとして送られてくるモバイル認証システムなどの証明データなど、様々な方法でポータルサイトへアクセスできる。

 

http://www.azernews.az/azerbaijan/68328.html

Azerbaijan rises in UN ranking on e-gov development

26 JUNE 2014, 11:50 (GMT+05:00)

By Nigar Orujova

Azerbaijan ranked 68th in the UN’s world ranking on e-government development, the “United Nations E-Government Survey 2014: E-Government for the Future We Want” report said.

The countries in the rating were ranked based on the E-Government Development Index (EGDI), which is a composite indicator that measures the willingness and ability of governments to use ICT to provide services to the public.

This year’s ranking covered some 193 countries.

Azerbaijan gained more 28 points compared to the previous rating held in 2012, leaving behind such countries as China, Turkey, and Serbia.

The EGDI Index of Azerbaijan in the report amounted to 0.5472. The index on component online services in the country amounted to 0.4331, telecommunications infrastructure to 0.4605, human capital to 0.748.

The top five in the index were South Korea (0.9462), Singapore (0.9076), Japan (0.8874), Israel (0.8162) and Bahrain (0.8089).

The establishment and development of the e-government in Azerbaijan is aimed to encourage fruitful works of the state bodies and to guarantee its transparency and reduce bureaucracy.

The e-government targets to reduce poverty, to provide suitable conditions for the population’s prosperity and to address the issues reflected in the state program on poverty reduction and sustainable development in 2008-2015.

The portal launched in early 2012 has integrated services of all government agencies into one package.

Access to the portal is possible through different ways and means including electronic digital signature, identity data of private entrepreneurs and citizens, using verification data such as login and password, as well as mobile authentication system, which can be obtained in electronic form after registering on the portal.

AzerNews 6/26より引用

コメントを残す