アゼルバイジャン、TASIMプロジェクトを中国シンクタンクでプレゼン

TASIM-mincom

917日、中国北京にある有力なシンクタンク(Comtemporary International Relations Academy)において、アゼルバイジャンの国家プロジェクトであるTASIMユーラシア横断情報スーパーウエー)プロジェクト についてのプレゼンが行われた

この発表に先立って、「TASIMプロジェクトにおける中国の役割」と題した会議が開かれた。この会議には中国のシンクタンクや調査機関の代表者、また専門家達が参加した。

同会議では、TASIMプロジェクトのリーダーを務めるZaur Hasanov氏がプロジェクトのコンセプトや、中東地域および世界的な通信網を発展させると言うミッションについて語った。

同氏は、TASIMによりヨーロッパやアジアの主要な情報交換拠点がつながると語った。

TASIMプロジェクトは、フランクフルトから香港までの情報輸送リンクを設立することを目的としている。ヨーロッパやアジアにおける主要な情報交換センターをつなぎ、中国、カザフスタン、アゼルバイジャン、グルシア、トルコ、そしてドイツを通り通信リンク網を広げていくのでる。もうひとつの北リンクは、ロシア、ウクライナ、ポートランドを横断する。

12月に開かれた第19回国際BakuTel会議2013TASIM共同事業体の設立合意書が調印された。20139月に、国連総会でユーラシア・コネクティビティ・アライアンス(EuraCA)およびTASIM建設におけるアゼルバイジャンの主導的取り組みへの協力が承認された。

TASIM2つのステージに分かれて実装される。TASIMの実装にはおよそ100億円かかると見込まれている。通信網の全長は11,000km、開通当初のデータ通信速度は2TB/秒である。

http://www.azernews.az/business/70954.html

Azerbaijan presented TASIM project in China

19 SEPTEMBER 2014, 12:55 (GMT+05:00)

By Aynur Jafarova

Azerbaijan has held a presentation of Trans-Eurasian Information Super Highway (TASIM) project in one of the leading think tanks — Contemporary International Relations Academy — in Chinese capital Beijing on September 17.

Prior to the presentation a conference titled “Role of China in TASIM project” was held. The event was attended by representatives of Chinese think tanks, research institutes, as well as experts.

Speaking at the event Head of the Working Group on the TASIM project Zaur Hasanov informed the guests about the project’s conception, and its missions to improve the regional and global communication.

He said TASIM will connect the largest information exchange centers of Europe and Asia.

The TASIM project envisions the creation of a major transit link from Frankfurt to Hong Kong. The line will connect the major centers of information exchange in Europe and Asia together, stretching through China, Kazakhstan, Azerbaijan, Georgia, Turkey, and Germany. A reserve North transit line will traverse the territory of Russia, Ukraine and Poland.

A Memorandum of Understanding on the establishment of the TASIM consortium was signed during the 19th international BakuTel-2013 conference and exhibition in December.

In September 2013, the UN General Assembly passed a resolution supporting Azerbaijan’s initiative on establishment of Eurasian Connectivity Alliance (EuraCA) and construction of TASIM.

TASIM will be implemented in two stages. The project is expected to come on stream at the cost of $100 million. The length of TASIM will be 11,000 kilometers and its initial network bandwidth will reach 2 Tbit/s.

AzerNews 9/19より引用

 

 

コメントを残す