アゼルバイジャン、日本の都市開発を学ぶ

1402126479

アゼルバイジャンの各都市や地域の最高執行者達やを含む代表団が、都市化計画やインフラ開発に関する日本の実績を学ぶために関西地方を訪れた。

代表団は、京都や神戸で数々の会合を行った。

玉田敏郎神戸副市長との会合では、都市建設や再建、安全なインフラ建築に関する日本の経験について話し合われた。

アゼルバイジャン代表団の代表を務めるHuseyn Movsumov氏は、イルハム・アリエフ(Ilham Aliyev)大統領のリーダーシップの下で実現したアゼルバイジャンの社会経済的な発展を強調しながら、近年のアゼルバイジャンの業績を語った。この会合ではまた、アゼルバイジャンのある都市と神戸市との間に協力協定を交わそうという話し合いもなされた。

神戸副市長との会合の後、代表団は神栄株式会社を訪問した。Movsumov氏は、同社のアゼルバイジャンでの活躍を称え、アゼルバイジャンが国家レベルで、日本の都市開発、安全保障、農業・食品産業などの分野に関する経験を手本にすることを望んでいると伝えた。

神栄株式会社との会合の間に、アゼルバイジャンの首都バクのカタヒ地区の代表であるRazim Mammadov氏が日本企業代表者達に対しバク・ホワイト・シティー計画についての様々な発表をした。

京都での会合では、アゼルバイジャンシャキ市 Elkhan Usubov市長がバク・ホワイト・シティについての洞察を提供し、親善交流パートナーシップ関係議定書の草案を角川大作京都市長に提出した。

今回の代表団訪問よりも前に、アゼルバイジャンの代表団が横浜を訪れ横浜市行政関係者および日揮株式会社幹部との会合をおこなっている。

アゼルバイジャンと日本の外交関係は1992年に設立され、二国間関係はそれ以来発展してきている。アゼルバイジャンの進取な石油戦略を初めてサポートした国の1つが日本であった。そして今日、日本を代表する企業、伊藤忠商事(株)とインペックスの2社が「世紀の契約」に加わっている。日本の産業を率いる企業、三菱商事(株)、三井物産(株)、丸紅(株)、双日(株)はアゼルバイジャンのエネルギー・インフラ開発計画に参加している。

 

http://www.azernews.az/azerbaijan/67827.html

Azerbaijan studies Japanese experience in urban development

9 JUNE 2014, 13:32 (GMT+05:00)

By Nazrin Gadimova

An Azerbaijani delegation including heads of executive authorities of several cities and districts has visited Japan’s Kansai region to study experiences in urban planning and infrastructure development of the country.

The delegation held several meetings in the cities of Kyoto and Kobe of Japan as a part of its visit.

The meeting with Deputy Mayor of Kobe Toshiro Tamada discussed Japan experience in town building, reconstruction, and establishing security infrastructure.

Head of the Azerbaijani delegation, Deputy Head of the Department for the Work with the Regional Administration and Local Self-Governing Bodies of the Presidential Administration Huseyn Movsumov spoke of Azerbaijan’s recent achievements, highlighting the country’s socio-economic development under the leadership of President Ilham Aliyev.

The sides also discussed signing a cooperation agreement between Kobe and one of the Azerbaijani regions.

The delegation visited the Shinyei Company as part of its visit to Kobe afterwards.

Movsumov praised the company’s activities in Azerbaijan and noted that the country is interested in learning the Japan’s experiences in urban development, security, agriculture and food industry fields.

Head of Executive Authorities of Baku’s Khatai district Razim Mammadov presented several publications on the “White City” project to the authorities of the Japan company during the event.

Speaking at the meeting, Shaki Mayor Elkhan Usubov provided an insight into the city and presented the draft intent protocol on the friendship exchange and partnership to the Kyoto Mayor Daisaku Kadokawa.

Earlier, Azerbaijani delegation visited Japan Yokohama to meet the city administration and JGC company’s management.

The diplomatic relations between Azerbaijan and Japan were established in 1992. Relations between the two countries has been developing since then. Japan was one of the first countries to support Azerbaijan’s forward-looking oil strategy. Today two major Japanese companies Itochu and Impex are involved in the Contract of the Century.

Leaders of Japanese business, Mitsubishi, Mitsui, Marubeni, and Sojits are involved in the energy and infrastructure projects in the country.

AzerNews 6/9より引用

コメントを残す