アゼルバイジャン、初の原子力発電所建設になるか

135543

フルダラン(Khirdalan)にアゼルバイジャン初の原子炉建設が可能性が濃厚になる

アゼルバイジャンは国内初の原子炉建設を計画している。Oxu.Azで、ロシアの有力メディアLenta.ruによるアゼルバイジャン国営原子力調査センター会長Adil Garbov氏に関する記事が掲載された。

同氏によると、アゼルバイジャン発の原子炉建設は2020年に完了するという。

ソビエト政権下時代、アゼルバイジャンは原子力発電所の建設を計画していたが、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故の後その計画を中止した。

Garibov氏によれば、国内初の原子炉の出力は20mKであり、現在は調査段階であるが来年には請負入札が行われる予定であるという。更に、出力2KW訓練炉の建設も予定されている。

「アゼルバイジャンが建設を予定している原子炉はユニークなものになる。我々の推測では、IAEA(国際原子力機関)からの原子炉建設許可を得るのに2年かかる予定で、アゼルバイジャン初の原子炉建設は2020年に完成すると推定されている。IAEAに対する原子炉建設許可取得の申請は既に提出されているが、原子炉建設に携わる企業が必要なライセンスを取得することも重要である。」

東京ドーム3個分以上の広さになる原子炉の建設予定地は既に確定している。原子炉建設地には管理棟やデータセンター、研究施設の建設も予定されている。

Garibov氏は実際の建設予定地については詳細を伏せたが、バクーとスムガイトの間に位置する都市フルダランのはずれに建設てられることはほぼ確実である。アゼルバイジャン現政権では、ソビエト政権時代に予定されていたバクー南東に位置するNavaiの街への原子炉建設計画を中止していたが、この街はアゼルバイジャン国内の地震帯の配置をみると原子炉建設地としては比較的有効な場所である。

アゼルバイジャンが国内の原子炉建設を求める理由は、何年も前から明らかになっている。国内の専門家達の推測によれば、アゼルバイジャンの炭化水素資源は2020年から2025年の間に枯渇すると見られている。それと同時に、IMFGDP成長率の下降を見積もった昨年を除いては、近年のアゼルバイジャンの経済成長は安定して上向き傾向にある。5年前に見られたような年間GDP成長率が10%を超えるようなことがもしまた起これば、アゼルバイジャンのエネルギー供給は自国の経済成長のスピードについていけなくなるだろう。

20073月、アゼルバイジャン放射問題協会(the Institution of Radiation Problems of Azerbaijan)は政府に出力1500MWの原子炉建設に関する提案書を提示した。この原子炉の建設予定期間は4年で建設費用は約3兆円と見積もられていた。

2007年の終わりころ、IAEAが原子炉訓練炉の建設を許可した。アゼルバイジャン科学アカデミー(ANAS)の学長Mahmud Karimov氏によると、IAEAはこの建設計画に対する資金提供を約束していたという。この計画では2009年から2011年の間に出力1MW以下の原子炉訓練炉が建設されることになっていた。しかし、この計画は結局最終段階で中断された。

2011年、アゼルバイジャン政府は国内初の原子力発電所建設計画に関する実行可能性の研究実施を決定した。

http://www.news.az/articles/economy/94130

Nuke plant may be built in Azerbaijan

Mon 08 December 2014

The country’s first nuclear reactor will be built in Khirdalan.

Azerbaijan is planning to build the country’s first nuclear power plant.

Oxu.Az reports with reference to the influential Russian publication Lenta.ru that the statement came from chairman of the JSC “National Center for Nuclear Research” Adil Garibov.

According to him, work on the construction of the first nuclear reactor in the country can be completed by 2020.
In the Soviet times, Azerbaijan planned to build nuclear power plants, but then gave up the idea after the accident in Chernobyl in 1986.

According to Garibov, the first, so far research, nuclear reactor, to be put on tender next year, must have the power of 20 mW. In addition, a training reactor of 2 kW will be created.
“The parameters of the reactor which will be built in Azerbaijan, are unique”, Garibov said, “By our estimates, the construction of the reactors can be completed by 2020, as the obtaining of the permit of the International Atomic Energy Agency (IAEA) will take two years. Azerbaijan has already appealed to the IAEA for the permit, but it is also important for a contractor company which is to build the nuke reactor to have the necessary license too”.

The construction site with area of 15 hectares has already been defined. In addition to the actual reactor there will be an office building, data center and the necessary research infrastructure.

Garibov did not elaborate where exactly the construction will be launched, but in all likelihood, it will be in outskirts of the town of Khirdalan located between Baku and Sumgait. The current leadership of the republic has decided to give up the idea of building the plant in the village of Navai located south-east of the Azerbaijani capital, where the Soviet authorities were going to build nuclear power plants, although in comparison with other regions of the republic it is a more favorable seismic zone.

The fact that Azerbaijan needs to develop its own nuclear power in Baku was noted long ago. According to the estimates of local experts, the hydrocarbon reserves of the country will be depleted by approximately 2020-2025. At the same time the country’s economy demonstrated steady growth in the recent years- the only exception is the last year (the IMF predicts GDP growth in Azerbaijan by 4.5 percent in 2014 and 4.3 percent in 2015). If the republic reaches the indicators that were attained 5 years ago, when the annual growth rate was more that 10 percent, the energy potential of Azerbaijan will not be able to meet the needs of a developing economy.

In March 2007, the Institute of Radiation Problems of Azerbaijan presented a package of proposals to the Government on the construction of a nuclear power plant with capacity of 1500 MW. According to the Institute, the plant could be built in 4 years and would cost $ 3 bn.

At the end of that year, the IAEA agreed on the construction of the first nuclear research reactor in Azerbaijan. According to the president of the National Academy of Sciences of Azerbaijan (ANAS) Mahmud Karimov, the agency itself promises to provide the financial support to the project. Construction of the project was planned for 2009-2011, and its capacity was to be less than 1 MW. However, the project was eventually suspended at this permitting stage.

In 2011, the Cabinet of Ministers decided to develop a feasibility study for the construction of the country’s first nuclear power plant.

News.az 12/8より引用

コメントを残す